後遺障害と死亡事故に特化。交通事故賠償に詳しい弁護士が解説。

【遷延性意識障害】1級1号で約2400万円増額!

2016年12月08日

70歳男性が、横断歩道を歩行中に、自動車にはねられ、脳挫傷等の傷害を負う交通事故に遭いました。

治療のかいなく、遷延性意識障害となり、寝たきりになり、生涯にわたる介護が必要となってしまいました。

保険会社は、被害者に対し、慰謝料など損害賠償金として、4505万3820円を提示しました。

被害者の親族がこの金額が妥当か判断するため、みらい総合法律事務所の弁護士に相談しました。

弁護士からは増額可能と言われたために、依頼を決意しました。

弁護士が保険会社と交渉しましたが、折り合いがつかず、訴訟へ。

将来介護費用の立証により、増額が実現し、最終的に、6950万円で解決しました。

ご依頼いただいて良かったと思います。

無料相談対象(取扱事案)について
知らないと損する必須知識    
       
  • 損害賠償自動シュミレーション
  •    
  • シュミレーション 後遺症編
  •    
  • シュミレーション 死亡事故編
  •