違法駐車していた自動車に追突する交通事故で怪我をしてしまったのですが、違法駐車した人に損害を賠償してもらうことができますか?

最終更新日 2015年 09月30日
執筆:みらい総合法律事務所 弁護士 谷原誠

違法駐車の自動車に追突した場合の責任について、弁護士が解説します。

自動車損害賠償保障法3条は、「自己のために自動車を運行の用に供する者は、その運行によって他人の生命又は身体を害したときは、これによって生じた損害を賠償する責に任ずる」として、運行供用者責任を規定しています。

したがって、運行供用者責任を問うためには、交通事故が「運行によって」生じたことが要件となります。

ここで、「運行」とは、「人又は物を運送するとしないとにかかわらず、自動車を当該措置の用い方に従い用いること」を言います(自動車損害賠償保障法2条2項)。

駐車している自動車につ追突する交通事故の場合、駐車している状態を運行と言えるのかどうかが問題となりますが、一律に判断するのではなく、駐車目的、時間、場所、走行との関連性等の事情を考慮して、個別に判断することになります。たとえば、深夜に違法駐車をし、翌朝運転予定だったという場合は運行に当たりますが、不法投棄のように長期間放置されていたような場合は、運行には当たらないと考えます。

今回の事案でも、違法駐車をして、何時間後にはまた運転する予定だったような事情がある場合には、運行にあたり、違法駐車した人にその交通事故について運行供用者責任が発生することになります。

ただし、運行供用者責任が発生するとしても、駐車している自動車に追突した被害者側にも過失がある場合が想定されますので、その場合には過失相殺がされます。

過失相殺については、事故態様ごとに過失割合を定型化し、その基準を定めた書籍「民事交通事故訴訟における過失相殺率の認定基準」(別冊判例タイムズ第16号)をもとに算定することになります。一般道路に駐車していた車両に追突した場合の基本の過失割合は、追突者100:駐車車0ですが、違法駐車の場合は、追突車の過失を-10修正し、追突車90:駐車車10となります。その他にも、降雨、濃霧、夜間などでの視認不良な場所での駐車や、駐車車の非常点滅等の不燈火などの事情が修正要素となります。

以上、違法駐車と交通事故について、弁護士が解説しました。

違法駐車車両に追突する交通事故で争いになった場合には、弁護士にご相談ください。

「交通事故の被害者が弁護士に相談すべき7つの理由と2つの注意点」は、こちらです。
交通事故弁護士