交通事故における搭乗者傷害特約はどのような場合に使えるのですか?

最終更新日 2015年 09月29日
執筆:みらい総合法律事務所 弁護士 谷原誠

交通事故における搭乗者傷害特約について、弁護士が解説します。

搭乗者傷害特約とは、契約した被保険自動車に搭乗中の人が、その被保険自動車の運行中の交通事故により死傷した場合に支払われる保険です。

搭乗中の人とは、被保険自動車に乗っていたすべての人をいい、運転者に限らず、家族、他人の区別もありません。相手がいない自損事故の場合も対象になります。

支払われる金額は、契約時に約款に規定されている金額です。

内容としては、死亡保険金、座席ベルト装着者特別保険金、後遺障害保険金、重度後遺障害特別保険金、重度後遺障害介護費用保険金、医療保険金などがあります。医療保険金は、治療費のことですが、支払い方法には、①日払、②部位・症状別払の2通りがあり、選ぶことができます。

搭乗者傷害保険は、自賠責保険や、交通事故で、加害者からの損害賠償金の支払いを受けている場合でも請求することができます。

以上、交通事故における搭乗者傷害特約の解説を弁護士が行いました。

搭乗者傷害特約で争いになった時は、弁護士にご相談ください。

「交通事故の被害者が弁護士に相談すべき7つの理由と2つの注意点」は、こちらです。
交通事故弁護士