対物賠償保険はどのような場合に使えるのですか?

最終更新日 2015年 09月29日
執筆:みらい総合法律事務所 弁護士 谷原誠

交通事故における対物賠償保険について、弁護士が解説します。

対物賠償保険とは、被保険自動車によって他人の財物に損害を与えてしまい、被保険者が損害賠償責任を負うときに支払われる保険です。

被保険自動車で、他人の自動車や建物、あるいはガードレールなどを壊してしまった場合に対象となります。交通事故で他人の自動車に損害を与えてしまった場合の支払内容は、修理費、買換費用、代車料、評価損、休車損害などです。建物やガードレール、電柱、街灯などに損害を与えてしまった場合は、復旧費用が支払われます。また、店舗を壊してしまったりして、営業ができなくなってしまった場合の営業損失なども支払われます。

ただし、被保険者本人と、その父母、配偶者、子など家族の財物に損害を与えてしまった場合は、対象となりません。これらの者は経済的に一体関係にあるためです。したがって、自宅の車庫入れのときに、誤って妻の自動車を壊してしまった場合などは対象外です。

以上、交通事故における対物賠償保険に関し、弁護士が解説しました。

交通事故の被害者が弁護士に相談すべき7つの理由と2つの注意点は、こちらです。
交通事故弁護士