交通事故に遭い治療するときの治療費は、どのように支払われるのですか?

最終更新日 2015年 09月29日
執筆:みらい総合法律事務所 弁護士 谷原誠

交通事故の治療費に関し、弁護士が解説します。

交通事故の被害に遭い受傷し、治療が必要となった場合の治療費については、事故態様や過失割合などで加害者との間に大きな争いがない場合には,加害者の任意保険会社が直接病院に対して支払ってくれることが多いです。これは、任意一括払制度に基づいています。

任意一括払制度とは、任意保険会社が、任意保険会社の負担分の損害賠償額と、本来自賠責保険で支払われるべき損害額を、併せて被害者に一括して支払うサービスのことです。

交通事故の被害に遭い傷害を負った場合は、自賠責保険から上限120万円まで治療費等の支払いを受け、それを超えた部分について任意保険会社が支払いを行うことになります。

しかし、自賠責保険と任意保険からそれぞれ支払いを受けるとすると被害者に手間がかかりますので、任意保険会社が一括で被害者に支払い、自賠責保険金の上限120万円については、任意保険会社から自賠責保険会社に対して求償をして支払ってもらうという方法をとる、ということです。こうすることで、被害者の手間が省けますので、交通事故の処理では一般的に行われています。

これに対し、過失割合等に争いがあって加害者の任意保険会社が支払いを行わない場合や、加害者が任意保険に加入していない場合などは、被害者が直接加害者の自賠責保険会社に治療費等の請求をする被害者請求を行うことができます。

これを被害者請求と言います。この場合は、被害者が治療費を一旦立て替えて支払い、後に自賠責保険に請求することになります。あるいは、立て替えて支払った後に、改めて加害者の任意保険会社に請求することもできます。

また、自分の任意保険で、人身傷害補償保険に加入している場合には、過失割合に関わらず、治療費等の支払いを受けられる場合もあります。

以上、交通事故の治療費について、弁護士が解説しました。

交通事故の治療費関係で争いが生じた時は、弁護士にご相談ください。