治療先の病院で健康保険で治療したいと言ったところ、交通事故は自由診療だから健康保険は使えないと言われたのですが、本当ですか?

最終更新日 2015年 09月29日
執筆:みらい総合法律事務所 弁護士 谷原誠

交通事故の治療と健康保険の関係について、弁護士が解説します。

いいえ、交通事故の治療で健康保険が使えない、というのは誤りです。

交通事故の治療でも、健康保険取扱いの指定を行けている医療機関では、健康保険証を提示して健康保険を使うことができます。また、健康保険を利用するためには、第三者行為傷病届を市町村や健康保険組合等に提出する必要があります。

加害者が任意保険に加入しておらず、自賠責保険にしか加入していない場合や、ひき逃げなどで加害者が特定できず、政府保障事業を利用するような場合、自由診療で治療を行うと健康保険よりも治療費が高額になり、治療費だけで自賠責保険及び政府保障事業の傷害に対する上限の120万円を超えてしまうことも考えられます。

そうすると、休業損害や慰謝料などの支払いを受けることが困難になります。このような場合は、健康保険を使って治療費を低く抑えた方がいいでしょう。

また、被害者の過失が大きいような場合は、過失相殺によって損害賠償額が減額されてしまうおそれがあるため、休業損害や慰謝料などのようには手元に残らない治療費を低く抑え、減額分を減らした方が有利になります。

なお、健康保険で治療した場合は、自賠責保険の書式での診断書・診療報酬明細書・後遺障害診断書を書いてもらえない場合があります。この場合でも、医療機関に備え付けの書式で診断書等を作成してもらえれば、自賠責後遺障害等級認定も含め、自賠責保険の支払を受けることができます。

以上、交通事故の治療に関し、健康保険が使えるかについて、弁護士が解説しました。

交通事故の治療費などでトラブルになった時は、弁護士にご相談ください。