病院は待ち時間が長いため、整骨院・マッサージや鍼治療に通院したいのですが、その費用を治療費として支払ってもらうことはできますか?

最終更新日 2015年 09月29日
執筆:みらい総合法律事務所 弁護士 谷原誠

交通事故での整骨院等の費用の問題につき、弁護士が解説します。

交通事故のよる怪我において、整骨院等での施術は、自賠責実務及び損害賠償実務でも、医学上一般に承認された治療方法としては認められていません。自賠責実務及び損害賠償実務では、治療については西洋医学に基づいて判断しているからです。

ですので、病院の医師の指示により整骨院等に通院している場合には、支払ってもらえる可能性が高いですが、そうでない場合には、治療費として認められない場合もあります。

裁判例では、医師の指示がない場合でも、施術により症状が軽減したなど、その施術に一定程度の必要性・相当性が認められる場合には、支払ってもらえる場合があります。ただし、その場合でも、全額ではなく、期間や費用等が制限される場合もあります。

なお、診断書は医師のみが作成できるものですので、自覚症状として後遺症が残った場合に、整骨院のみの通院であったり、最初は病院で診断を受けたが、その後は整骨院に通っており病院に定期的に通院していなかったという場合は、後遺障害診断書を医師に作成してもらうことができず、結果として自賠責後遺障害等級が認定されない、という事態になりかねません。ですので、整骨院等に通院する場合でも、必ず整形外科と併用して通院するよう注意しましょう。

以上、交通事故で整骨院等に通院した場合の費用の問題について、弁護士が解説しました。

これらの費用で争いになったときは、弁護士に相談しましょう。