交通事故による怪我で入院の際、個室を利用したいのですが、個室使用料を加害者側に支払ってもらうことはできますか?

最終更新日 2015年 09月29日
執筆:みらい総合法律事務所 弁護士 谷原誠

交通事故で入院した場合の個室使用料の問題について、弁護士が解説します。

交通事故で怪我をして入院した場合の個室使用料については、個室の使用が医師の指示によるものであった場合や、症状が重篤で個室で治療する必要性がある場合あるいは他の病室に空きがないなどの特別の事情がある場合には、認められる可能性があります。

裁判例では、被害者の症状が重篤であった事案や植物状態(遷延性意識障害)になった事案で個室使用料を認めています。

また、被害者が植物状態になり、将来も入院することが見込まれる事案で、平均余命について将来の個室使用料を認めた裁判例もあります。

以上、交通事故の入院で個室を使用した場合の問題に関し、弁護士が解説しました。

個室使用料で争いになった時は、弁護士にご相談ください。