交通事故に遭い、治療を続けていたのですが、症状が改善しなかったため、医師から「症状固定と考えます」と言われました。症状固定とはなんですか?

最終更新日 2015年 09月29日
執筆:みらい総合法律事務所 弁護士 谷原誠

交通事故における症状固定について、弁護士が解説します。

交通事故で傷害を負い、治療を行ったけれども治癒せず、症状が残ってしまった場合は、損保料率機構に自賠責後遺障害等級の申請をすることになります。

後遺障害等級は、労災基準に準拠して決定されますが、労災基準において「症状固定」とは、「傷病に対して行われる医学上一般に承認された治療方法をもってしても、その効果が期待し得ない状態で、かつ、残存する症状が、自然的経過によって到達すると認められる最終の状態」、と規定されています。簡単に言えば、症状固定とは、それ以上治療を継続しても治療効果が上がらなくなった状態のことです。

医師と相談し、 このような状態になったと判断されれば症状固定として、医師に「自動車損害賠償責任保険後遺障害診断書」を作成してもらい、後遺障害等級の申請をします。

症状固定となると、それ以上治療を継続しても治療効果が上がらないとされるため、その後治療を継続したとしても、原則として治療費や通院交通費、休業損害、入通院慰謝料などの賠償請求はできなくなります。

損害賠償の対象となる期間は、事故日から症状固定日までの間ということです。後遺障害が残った場合の加害者に対する損害賠償請求権の時効の起算日も、症状固定日となります。

したがって、症状固定日がいつになるか、というのは非常に重要です。症状固定日については、治療の必要性があるか、治療効果がでているか等を医師とよく話し合って決めるとよいでしょう。

以上、交通事故における症状固定について、弁護士が解説しました。

症状固定について争いになった時は、弁護士にご相談ください。