【休業損害】自営業者が交通事故による治療のため営業を休まなければならなくなった場合、休業損害はどのように算定されますか?<弁護士解説>

自営業者の交通事故における休業損害について、弁護士が解説します。

休業損害とは、交通事故による傷害の治療等のために仕事を休んだことにより得ることができなかった利益です。

自営業者などの事業所得者の場合も、交通事故に伴う休業により現実の収入減があった場合には休業損害が認められます。

事業所得者の場合、原則として事故前年の確定申告書を基礎として算定されます。また、確定申告をしていない場合でも、相当の収入があったと認められる場合には、賃金センサスの平均賃金を参考にして、休業損害が認められることもあります。

休業中の家賃や従業員の給料などの固定経費は、事業の維持・存続のためにやむを得ないものについては、休業損害として認められます。

以上、自営業者が交通事故にあった場合に休業損害がどうなるか、について、弁護士が解説しました。

自営業者の交通事故で休業損害が争いになった時は、弁護士にご相談ください。