【慰謝料】外国人が交通事故に遭って死亡した場合、慰謝料はどのように算定されますか?<弁護士解説>

外国人の交通事故における死亡慰謝料について、弁護士が解説します。

外国人の死亡慰謝料を考える場合、金額について日本の物価水準を基準として算定するのか、母国の物価水準を基準として算定するのかという問題が生じます。

永住者等の在留資格を持っている場合には、将来にわたり日本に在留することが想定されるので、日本人と同様に日本の物価水準を基準とすることで問題ありませんが、日本に出稼ぎにきている外国人の場合などは、母国より日本の物価水準が高いことが多いため、日本の物価水準に合わせて慰謝料が支払われた場合は、母国の物価水準からみると極めて高額な金額となってしまうことが考えられるからです。

この点について、多くの裁判例では、個別の事案により、当該外国人の在留期間や、日本あるいは母国での就労可能性、母国の物価水準等を考慮して決定されています。したがって、日本の物価水準より母国の物価水準の方が低い場合には、日本人の場合に比べ、死亡慰謝料が低くなる傾向にあります。

以上、外国人が交通事故にあった時の死亡慰謝料について、弁護士が解説しました。

外国人の死亡慰謝料について争いになった時は、弁護士にご相談ください。