最新情報 後遺症

【後遺障害11級】脊柱変更で約2.4倍に増額!

2019年07月16日 Category:後遺症,50歳代,首・腰,後遺障害等級11級

59歳男性会社員の交通事故です。

事故の状況は、被害者が交差点を自転車で横断中に、左折自動車に衝突されたものです。

被害者は、本件事故により、第一腰椎圧迫骨折の傷害を負いました。

治療の甲斐なく後遺症が残り、自賠責後遺障害等級は、11級7号と14級9号の併合11級が認定されました。

保険会社は、被害者に対し、慰謝料など損害賠償金として、415万1840円を提示しました。

被害者は、みらい総合法律事務所の無料相談で、本件示談金の妥当性を相談しました。

弁護士からは、増額可能との意見がありました。

そこで、被害者は、弁護士に示談交渉を依頼。

弁護士と保険会社が交渉しましたが、交渉は決裂して裁判へ。裁判では、最終的に1000万円で解決しました。

保険会社提示額の約2.4倍での決着です。

ご依頼いただいて良かったと思います。

【後遺障害10級】67歳女性で約2倍に増額!

2019年06月26日 Category:後遺症,60歳代,脊髄・頸椎・胸椎・腰椎,鎖骨・骨盤骨,後遺障害等級10級

67歳女性の交通事故。

被害者が自転車で走行中、後ろから自動車に衝突されたものです。

被害者は、本件交通事故により、脊柱骨折等の傷害を負いました。

治療の甲斐なく、脊柱変形、左鎖骨痛等の後遺症が残り、自賠責後遺障害等級11級7号と14級9号が認定されました。

そこで保険会社は、被害者に対し、慰謝料など損害賠償金として、456万3226円を提示しました。

被害者が、みらい総合法律事務所の弁護士に相談したところ、後遺障害等級に問題がある旨助言があったので、異議申立から弁護士に依頼しました。

弁護士が異議申立をしたところ、鎖骨痛の14級が鎖骨変形12級5号に上がり、後遺障害等級は併合10級に上がったので、そこから示談交渉を開始しました。

弁護士と保険会社の交渉の結果、保険会社提示額の約2倍である900万円で解決しました。

ご依頼いただいて良かったと思います。

【後遺障害11級】43歳男性で約2.6倍に増額!

2019年06月12日 Category:40歳代,後遺症,首・腰,脊髄・頸椎・胸椎・腰椎,後遺障害等級11級

43歳会社員男性の交通事故です。

事故の状況は、被害者が自動車の助手席に同乗中に、自動車と衝突したものです。

被害者は、事故により、第三胸椎圧迫骨折、外傷性頚部症候群等の傷害を負いました。

治療の甲斐なく、後遺症が残り、自賠責後遺障害等級は、脊柱変形で11級7号、神経症状で14級9号の併合11級が認定されました。

保険会社は、被害者に対して、慰謝料など損害賠償金として、691万6511円を提示しました。

被害者が、この金額の妥当性について、みらい総合法律事務所の弁護士に無料相談したところ、弁護士から増額可能と言われたため、示談交渉を依頼しました。

弁護士と保険会社が交渉した結果、1788万7423円まで増額して決着となりました。

保険会社提示額の約2.6倍に増額したことになります。

ご依頼いただいて良かったと思います。

【後遺障害10級11号】74歳女性で約2倍に増額!

2019年06月04日 Category:,後遺症,70歳以上,後遺障害等級10級,下肢・足指

74歳専業主婦の交通事故です。

事故の状況は、被害者が交差点を青信号で横断中に、右折してきた自動車に衝突されたものです。

被害者は、この事故によって、左大腿頚部骨折、右前額部挫傷、歯牙損傷等の傷害を負いました。

治療の結果、下肢関節機能障害の後遺症が残り、自賠責後遺障害等級10級11号が認定されました。

保険会社は、被害者に対し、慰謝料など損害賠償金として、669万6382円を提示しました。

被害者は、この金額が妥当かどうか疑問に思い、みらい総合法律事務所の無料相談を利用しました。

弁護士からは増額可能と意見があったので、示談交渉を依頼し、弁護士と保険会社との交渉が始まりました。

その結果、大幅に増額し、1400万円で示談解決しました。

保険会社提示額の約2倍に増額したことになります。

ご依頼いただいて良かったと思います。

【後遺障害12級】20歳男性約4.2倍に増額!

2019年05月29日 Category:20歳代,後遺症,下肢・足指,後遺障害等級12級

20歳男性の交通事故です。

被害者が横断歩道を歩いていたところ、右折自動車に衝突された交通事故です。

被害者は、右膝前十字靱帯損傷の傷害を負い、右膝の機能障害の後遺症により、後遺障害等級12級7号が認定されました。

保険会社は、被害者に対し、慰謝料など損害賠償金として、246万4700円を提示。

被害者は、示談金の妥当性について、みらい総合法律事務所の無料相談を利用しました。

弁護士からは、増額可能と言われたので、示談交渉を依頼することにしました。

弁護士と保険会社との交渉では、逸失利益が主な争点となりましたが、最終的には合意に達し、1036万1396円で示談解決となりました。

保険会社提示額の約4.2倍に増額したことになります。

ご依頼いただいて良かったと思います。

【後遺障害7級】異議申立で約6倍に増額!

2019年04月29日 Category:40歳代,後遺症,後遺障害等級7級,脊髄・頸椎・胸椎・腰椎

44歳男性の会社代表者の交通事故です。

事故の状況は、被害車が車で停車中に後ろから追突されたものです。

被害者は、事故により、頸椎捻挫、腰椎捻挫、馬尾神経障害等の傷害を負いました。

自賠責後遺障害等級は、12級が認定され、保険会社は、被害者に対し、示談金として、418万1323円を提示しました。

被害者は、示談交渉の前に異議申立をしたところ、後遺障害等級が7級に上がりました。

被害者は、みらい総合法律事務所の無料相談を利用し、その後、弁護士に示談交渉を依頼しました。

弁護士と保険会社の交渉は決裂して裁判となり、最終的に2571万円(自賠責含む)で解決しました。

保険会社提示額の約6倍に増額したことになります。

ご依頼いただいて良かったと思います。

【後遺障害10級11号】32歳男性で約900万円増額!

2019年04月22日 Category:30歳代,後遺症,後遺障害等級10級,下肢・足指

32歳男性会社員の交通事故です。

事故の状況は、被害者がバイクで交差点を直進していたところ、右折してきた自動車に衝突されたものです。

被害者は、左距骨開放脱臼骨折、左足関節内課骨骨折等の傷害を負い、足関節の機能障害で自賠責後遺障害等級10級11号が認定されました。

保険会社は、被害者に対し、慰謝料など損害賠償金として、1684万5819円を提示。

被害者が、みらい総合法律事務所の無料相談を利用したところ、弁護士からは増額可能であると意見がありました。

被害者が、弁護士に示談交渉を依頼し、弁護士が交渉した結果、最終的には2550万円まで増額し、示談解決となりました。

保険会社提示額から、約900万円増額したことになります。

ご依頼いただいて良かったと思います。

【後遺障害14級9号】約13倍に増額!

2019年03月29日 Category:20歳代,後遺症,脊髄・頸椎・胸椎・腰椎,後遺障害等級14級

29歳男性の交通事故です。

被害者が自動車を運転して停車中、後ろから走ってきた車に衝突されたものです。

被害者は、腰椎捻挫の傷害を負い、神経症状の後遺症を残して、後遺障害等級14級9号が認定されました。

保険会社は、治療費や休業補償など、すでに支払済みの金員を除き、損害賠償金として、15万4567円を提示しました。

被害者がみらい総合法律事務所の無料相談で相談したところ、弁護士から増額可能と言われたため、依頼。

弁護士と保険会社が交渉しましたが、決裂して裁判となりました。

最終的には、大幅に増額し、保険会社提示額の約13倍の200万円で解決することとなりました。

ご依頼いただいて良かったと思います。

【高次脳機能障害2級】72歳で3126万円獲得!

2019年03月25日 Category:後遺障害等級2級,,高次脳機能障害,後遺症,70歳以上

72歳男性の交通事故です。被害者が歩いて道路を横断していたところ、走ってきた自動車に衝突されたものです。

被害者は事故により、脳挫傷等の傷害を負い、高次脳機能障害の後遺症を残して、後遺障害等級2級が認定されました。

被害者は、みらい総合法律事務所の弁護士に示談交渉を依頼し、弁護士と保険会社が交渉しました。

示談交渉では、逸失利益・将来介護費用・慰謝料などで争いとなりました。

最終的には合意に達し、3126万円で解決しました。

ご依頼いただいて良かったと思います。

【後遺障害14級】約3倍に増額!

2019年03月18日 Category:後遺症,70歳以上,脊髄・頸椎・胸椎・腰椎,後遺障害等級14級

74歳男性の交通事故です。

事故の状況は、被害者が自動車を運転し、赤信号で停止していたところ、後続車に衝突されたものです。

被害者は、事故により、頸椎捻挫等の傷害を負いました。

後遺障害等級は、頸椎捻挫で14級9号、左膝痛で14級9号の併合14級が認定されました。

保険会社は被害者に対し、慰謝料など損害賠償金として、131万6456円を提示。

被害者が、みらい総合法律事務所の無料相談で金額の妥当性を確認したところ、増額可能と言われたので、弁護士に依頼しました。

弁護士と保険会社の交渉は決裂したため、提訴。

最終的には、弁護士の主張が認められ、460万円での解決となりました。

保険会社提示額の約3倍に増額したことになります。

ご依頼いただいて良かったと思います。