解決実績

【脊髄損傷1級】1億3200万円獲得!

2017年11月20日

66歳男性の交通事故。事故の状況は、交差点を被害者が自転車に乗って進行していたところ、右折自動車にはねられたものです。

怪我は脊髄損傷です。四肢麻痺の後遺症が残ってしまい、寝たきりの状態になってしまいました。

自賠責後遺障害等級は1級が認定されました。

被害者および親族は、自分達では解決は難しいと考え、交通事故の専門家に任せることとし、みらい総合法律事務所の弁護士に依頼することとなりました。

弁護士と保険会社の交渉は決裂し、訴訟になりました。

訴訟では、将来治療費、将来介護費用、将来の介護器具等の費用、慰謝料などが争われましたが、最終的には裁判所の和解勧告がなされ、和解にて解決しました。

解決金額は、1億3200万円です。

ご依頼いただいて良かったと思います。

【後遺障害併合12級】機能障害で約2.5倍に増額!

2017年11月13日

40歳男性会社員の交通事故。事故の状況は、被害者が道路を右側歩行していたところ、突然自動車に衝突された、というものです。

怪我は、右脛骨骨幹部開放骨折、右腓骨骨幹部骨折等で、治療の甲斐なく、後遺症が残ってしまいました。

自賠責後遺障害等級を申請したところ、関節機能障害で12級7号、神経症状で14級9号の併合12級が認定されました。

保険会社は、被害者に対し、慰謝料など損害賠償金として、327万0821円を提示しました。金額が低い理由は、すでに被害者に約1177万円が治療費などで支払われていたためです。

被害者が、金額の妥当性について、みらい総合法律事務所の弁護士に相談したところ、後遺障害等級は妥当であるが、金額は妥当ではない、ということだったので、示談交渉を依頼することとしました。

逸失利益の原則は事故前年度の年収を基礎として計算するので、保険会社は、この計算式を主張。弁護士は、事故前年度はたまたま年収が低かっただけであり、平均賃金を基礎に計算すべきだと主張しました。

交渉の結果、保険会社が譲歩して、平均賃金を基礎として逸失利益を計算することになり、最終的に、833万0818円で示談解決しました。

保険会社提示額の約2.5倍に増額したことになります。

ご依頼いただいて良かったです。



【後遺障害12級】神経症状で約2.65倍に増額!

2017年11月03日

55歳兼業主婦の交通事故。事故の状況は、被害者が交差点の横断歩道を歩いている時に、後ろから右折してきた車に衝突されたものです。

怪我は、左足首骨折、肋骨骨折等で、治療の甲斐なく神経症状の後遺症が残ってしまいました。

自賠責後遺障害等級を申請したところ、12級13号が認定され、それに基づいて、保険会社は賠償額を計算し、示談金として、358万3114円を提示してきました。

被害者がこの金額の妥当性についてみらい総合法律事務所の弁護士に相談したところ、増額可能と判断されたので、弁護士に依頼。

保険会社は、逸失利益や慰謝料を低く提示していましたが、弁護士が交渉して増額させ、最終的に950万円で示談により解決しました。

保険会社提示額の約2.65倍に増額したことになります。

ご依頼いただいて良かったと思います。

【後遺障害12級13号】神経症状で1589万円獲得!

2017年10月24日

40歳男性会社役員の交通事故。

事故の状況は、被害者が自宅前で車を車庫に誘導中にひかれたものです。

怪我は、右脛骨顆部開放骨折、右足関節捻挫等の傷害を負いました。治療の甲斐なく、後遺症が残ってしまい、自賠責後遺障害等級は、神経症状で12級13号が認定されました。

被害者は、自分で交渉するよりも弁護士に依頼した方がよいと考え、みらい総合法律事務所の弁護士に依頼しました。

弁護士と保険会社が交渉しましたが、交渉は決裂。弁護士は、加害者に訴訟を提起しました。ところが、第一回期日が始まる前に、保険会社が譲歩したため、裁判にならず、示談解決となりました。

解決金額は、1589万円です。

ご依頼いただいて良かったと思います。

【76歳女性死亡事故】約4500万円獲得!

2017年10月17日


76歳女性の交通死亡事故。

事故の状況は、被害者が車道を歩行している時に、後ろから走ってきた車にはねられた、というものです。

加害者が刑事裁判にかけられたので、被害者遺族は弁護士が必要と考え、死亡事故と後遺症に特化したみらい総合法律事務所の弁護士に依頼しました。

刑事事件では、加害者の飲酒の有無が争点となりました。刑事事件が終了してから、弁護士と保険会社の交渉が始まり、逸失利益と慰謝料が争点となりました。

弁護士側が、生活費控除率30%を主張したのに対し、保険会社は50%を主張。難航しましたが、最終的には保険会社が譲歩し、示談決着しました。解決金額は、4528万9436円です。

ご依頼いただいて良かったと思います。

【後遺障害併合11級】嗅覚脱失で約2倍に増額!

2017年10月13日

hyou-20171012.jpg

54歳男性会社員の交通事故。事故の状況は、被害者が交差点を青色信号に従って横断中に右折自動車に衝突されたもの。

怪我は、脳挫傷、外傷性くも膜下出血等です。治療の甲斐なく、被害者には、めまいや嗅覚脱失等の後遺症が残り、自賠責後遺障害等級12級13号、12相当の併合11級が認定されました。

保険会社は、被害者に対し、それまでに支払い済みの治療費等を除き、慰謝料など損害賠償金として、389万7916円を提示しました。

被害者が、みらい総合法律事務所の弁護士に相談したところ、この金額は低すぎる、ということだったので、示談交渉を弁護士に依頼しました。

弁護士と保険会社が交渉した結果、最終的に、807万6034円で解決しました。保険会社提示額の約2倍に増額したことになります。

ご依頼いただいて良かったです。

増額表 20171012.png

【後遺障害8級)脊柱変形で約1200万円増額!

2017年10月01日

hyou-20171001.jpg

23歳男性大学院生の交通事故。事故の状況は、被害者が傘を差して横断歩道を自転車で走行中、右折してきた四輪加害車両に衝突されたものです。

被害者が、胸椎・腰椎圧迫骨折の傷害を負いました。治療の甲斐なく、脊柱に変形の後遺症を残し、自賠責後遺障害等級8級相当が認定されました。

保険会社は、被害者に対し、すべてに支払済みの治療費等を除き、慰謝料など損害賠償金として、3099万6399円を提示。

被害者が、賠償額が妥当かどうか確認するため、みらい総合法律事務所の無料相談を利用しました。弁護士は増額可能と判断し、受任。

弁護士と保険会社が交渉しましたが、逸失利益について合意できず、訴訟となりました。

最終的には、裁判所は、賠償額を4339万5603円を認定しました。保険会社提示額から、約1200万円増額しての決着となります。

ご依頼いただいて良かったと思います。

増額表 20171001.png

【後遺障害12級5号】鎖骨変形で約2.27倍に増額!

2017年09月29日



8歳女児の交通事故。事故の状況は、被害者が横断歩道を歩いていたところ、信号無視をして交差点に進入してきた自動車に衝突されたものです。

被害者は、右鎖骨骨折、左腓骨骨折等の傷害を負いました。治療の甲斐なく、鎖骨に変形を残して、自賠責後遺障害等級12級5号が認定されました。

保険会社は、被害者に対し、慰謝料など損害賠償金として、361万9730円を提示。

被害者が、賠償額が妥当かどうか確認するためにみらい総合法律事務所の無料相談を利用したところ、弁護士からは、増額可能と意見があったため、依頼。

弁護士と保険会社が交渉し、増額に成功して、822万7655円で示談解決となりました。

保険会社提示額の約2.27倍に増額しました。

ご依頼いただいて良かったと思います。



【後遺障害併合8級】脊柱変形で約2倍に増額!

2017年09月12日



19歳男性会社員の交通事故。

事故の状況は、被害者が自転車を押して歩道を歩行しているときに、路外から車道に出ようとした四輪自動車に衝突されたものです。

怪我は、腰椎圧迫骨折等で、脊柱変形と難聴の後遺症が残ってしまい、自賠責後遺障害等級は、8級と14級の併合8級が認定されました。

保険会社は、被害者に対し、慰謝料など損害賠償金として、2303万5692円を提示。

被害者は、その提示額で示談をしてよいかどうか、みらい総合法律事務所の弁護士に相談したところ、増額できるので示談すべきでない、との意見があったため、依頼。

保険会社が譲歩しなかったため、弁護士は提訴し、裁判で争うことになりました。

最終的に、大幅に増額して、4670万円で解決となりました。保険会社提示額の約2倍での決着です。

ご依頼いただいて、良かったと思います。



【後遺障害8級】頚部可動域制限で約3.38倍に増額!

2017年09月05日



40歳男性の交通事故。

事故の状況は、被害者が自動車に乗っている時に、後ろから衝突されたもので、被害者は、頚環軸椎骨折等の傷害を負いました。

治療のかいなく、頚部可動域制限等の後遺症が残り、自賠責後遺障害等級8級と14級の併合8級が認定されました。

保険会社は、既払い金を除き、慰謝料など損害賠償金として、2651万1587円を提示しました。

被害者は、みらい総合法律事務所の弁護士に相談し、そのまま依頼しました。

弁護士と保険会社との交渉は決裂し、訴訟への移行しましたが、保険会社は、後遺障害等級自体が間違いであるとして争ってきました。

しかし、裁判所は弁護士の主張を認め、8級を前提とし、賠償金として、8971万9852円を支払う判決を下しました。

保険会社提示額の約3.38倍で解決したことになります。

ご依頼いただいて良かったと思います。