解決実績

【後遺症】脊柱変形等併合10級で、約730万円の増額!

2015年01月14日

33歳の男性が、交通事故に遭いました。怪我は、脊柱圧迫骨折と大腿骨骨折でした。

治療の甲斐なく、脊柱変形と股関節可動式制限の後遺症が残ったので、自賠責後遺障害等級を申請したところ、脊柱変形11級と下肢機能障害12級の併合10級が認定されました。

保険会社は、被害者に対し、慰謝料などを含めた示談金として、16,136,388円を提示しました。

被害者がみらい総合法律事務所の弁護士に依頼し、裁判をした結果、最終的に、23,500,000円で解決しました。

保険会社提示額から、約730万円増額したことになります。

ご依頼いただき、良かったと思います。

【後遺症】嗅覚脱失12級で約5倍に増額!

2015年01月04日



18歳男性が、交通事故により、頭部外傷などの傷害を負いました。

症状が固定したところ、嗅覚脱失の後遺症が残り、自賠責後遺障害等級は12級が認定されました。

保険会社は、被害者に対し、示談金として、2,646,560円を提示しました。

嗅覚脱失は、労働には影響ないとして、逸失利益を否定してきたものです。

被害者は自分では解決困難と判断してみらい総合法律事務所の弁護士に依頼しました。

最終的には、逸失利益を認めさせ、13,500,000円で解決しました。

保険会社提示額の約5倍に増額したことになります。

ご依頼いただいて良かったと思います。



【高次脳機能障害】45,115,161円で解決!

2014年12月28日



49歳男性が、交通事故により、頭部外傷などの傷害を負い、高次脳機能障害の後遺症を残して症状固定しました。

自賠責後遺障害等級としては、5級が認定されました。

被害者は、高次脳機能障害という難しい事案であり、自分では解決困難と考え、みらい総合法律事務所に依頼しました。

役員だったので、休業損害や逸失利益が争いになりました。

最終的には、45,115,161円で解決し、ご満足いただきました。

なかなかご本人では難しいと思いますので、ご依頼いただいて良かったと思います。

【後遺症11級7号】脊柱変形で約9.3倍に増額!

2014年12月21日

男性の会社員が、交通事故により、脊柱圧迫骨折の傷害を負いました。

症状固定しましたが、脊柱変形の後遺症が残ったため、自賠責後遺障害等級を申請したところ、11級7号が認定されました。

保険会社は、被害者の過失が大きいことを理由として、慰謝料など示談金として、約133万円を提示しました。

被害者は、自分では解決できないと判断し、みらい総合法律事務所に依頼しました。

訴訟になりましたが、最終的に、12,500,000円で解決しました。

保険会社の提示金額の約9.3倍に増額しました。

ご依頼いただいて良かったです。



【死亡事故】79歳女性の死亡事故で1,000万円の増額!

2014年12月15日



79歳女性が、交通事故により、死亡しました。

保険会社は、ご遺族に対し、交通事故による死亡損害賠償金として、25,779,181円を提示しました。

ご遺族は、この金額が適正なものかどうかわからないし、また、あまり事故のことを思い出したくないため、みらい総合法律事務所に保険会社との交渉を依頼しました。

結局、話し合いがつかず、訴訟となりましたが、最終的に、36,130,722円で解決しました。

約1,000万円増額したことになります。

故人のご冥福をお祈りいたします。



Category:

【後遺症】神経症状12級で約3.7倍に増額!

2014年12月01日

29歳男性が、交通事故により頭部外傷等の傷害を負い、神経症状と嗅覚脱失等の後遺症を残して症状固定しました。

 自賠責後遺障害等級を申請し、神経症状で12級13号、嗅覚脱失で12級の併合11級が認定されました。

保険会社は、被害者に対し、慰謝料などの示談金として、4,755,648円を提示しました。

被害者がこの金額が妥当かどうか不安をおぼえ、みらい総合法律事務所の無料相談を利用しました。

相談の中で、弁護士からは、十分増額が可能という判定を受けたので、依頼しました。

逸失利益の労働能力喪失期間について争われましたが、

最終的に、18,000,000円で解決しました。

保険会社提示額から、約3.7倍に増額したことになります。



【後遺症】脊柱変形など併合10級で約9.4倍に増額!

2014年11月15日

36歳男性会社員が、交通事故により、脊柱圧迫骨折などの傷害を負い、脊柱変形や神経症状の後遺症を残して症状固定しました。

自賠責後遺障害等級を申請したところ、脊柱変形で11級7号、局部に頑固な神経症状で12級13号の併合10級が認定されました。

保険会社は、被害者に対し、慰謝料など示談金として、1,243,235円を提示。

保険会社の言い分は、被害者には、ヘルニアの既往症があり、素因減額なされうべき、とのことでした。

被害者は、この金額は、あまりに低いのではないか、と考えました。そこで、みらい総合法律事務所に相談しました。

その結果、増額可能と判断されたので、、弁護士に依頼しました。

その結果、最終的に、解決金額は、11,700,000円となり、保険会社の提示金額から、約9.4倍も増額しました。

【四肢麻痺】脊髄損傷で2億6500万円を獲得!

2014年11月08日



25歳男性が、交通事故により、頚椎骨折による脊髄損傷等の傷害を負い、四肢麻痺の後遺症を残して症状固定しました。

被害者が、自賠責後遺障害等級を申請したところ、後遺障害等級1級1号が認定されました。

被害者は、自分で保険会社と交渉してもうまくいかないと考え、みらい総合法律事務所に依頼しました。

弁護士と保険会社の話し合いは決裂して、裁判となり、最終的に、2億6500万円を獲得しました。

Category:

【後遺症】高次脳機能障害9級で約500万円の増額!

2014年11月03日



77歳女性が、交通事故により、脳挫傷などの傷害を負い、高次脳機能障害の後遺症を残して症状固定しました。

保険会社は、被害者に対し、慰謝料などの示談金として、6,904,334円を提示しました。

被害者は、この金額が適正かどうかわからず、交通事故専門弁護士として、みらい総合法律事務所の弁護士に相談しました。

増額の可能性があるとのことだったので、そのまま弁護士に依頼しました。

過失割合でもめましたが、最終的に、12,000,000円で解決しました。

約500万円増額したことになります。



【後遺症】8級2号で約3.3倍に増額!

2014年10月27日

28歳男性が、交通事故により、頚椎骨折等の傷害を受け、頚椎運動障害の後遺症を残して症状固定しました。

自賠責後遺障害等級を申請したところ、8級2号と等級認定されました。

保険会社は、被害者に対し、慰謝料など示談金として、14,567,773円を提示しました。

被害者は、この示談金額が妥当かどうか確認しようと思い、交通事故専門弁護士として、みらい総合法律事務所の弁護士無料相談を利用しました。

その結果、大幅に増額可能と判断され、弁護士に依頼しました。

最終的には、解決金額は49,000,000円で解決し、約3.3倍増額しました。