最新情報 後遺障害等級10級

【後遺障害10級】67歳女性で約2倍に増額!

2019年06月26日 Category:後遺症,60歳代,脊髄・頸椎・胸椎・腰椎,鎖骨・骨盤骨,後遺障害等級10級

67歳女性の交通事故。

被害者が自転車で走行中、後ろから自動車に衝突されたものです。

被害者は、本件交通事故により、脊柱骨折等の傷害を負いました。

治療の甲斐なく、脊柱変形、左鎖骨痛等の後遺症が残り、自賠責後遺障害等級11級7号と14級9号が認定されました。

そこで保険会社は、被害者に対し、慰謝料など損害賠償金として、456万3226円を提示しました。

被害者が、みらい総合法律事務所の弁護士に相談したところ、後遺障害等級に問題がある旨助言があったので、異議申立から弁護士に依頼しました。

弁護士が異議申立をしたところ、鎖骨痛の14級が鎖骨変形12級5号に上がり、後遺障害等級は併合10級に上がったので、そこから示談交渉を開始しました。

弁護士と保険会社の交渉の結果、保険会社提示額の約2倍である900万円で解決しました。

ご依頼いただいて良かったと思います。

【後遺障害10級11号】74歳女性で約2倍に増額!

2019年06月04日 Category:,後遺症,70歳以上,後遺障害等級10級,下肢・足指

74歳専業主婦の交通事故です。

事故の状況は、被害者が交差点を青信号で横断中に、右折してきた自動車に衝突されたものです。

被害者は、この事故によって、左大腿頚部骨折、右前額部挫傷、歯牙損傷等の傷害を負いました。

治療の結果、下肢関節機能障害の後遺症が残り、自賠責後遺障害等級10級11号が認定されました。

保険会社は、被害者に対し、慰謝料など損害賠償金として、669万6382円を提示しました。

被害者は、この金額が妥当かどうか疑問に思い、みらい総合法律事務所の無料相談を利用しました。

弁護士からは増額可能と意見があったので、示談交渉を依頼し、弁護士と保険会社との交渉が始まりました。

その結果、大幅に増額し、1400万円で示談解決しました。

保険会社提示額の約2倍に増額したことになります。

ご依頼いただいて良かったと思います。

【後遺障害10級11号】32歳男性で約900万円増額!

2019年04月22日 Category:30歳代,後遺症,後遺障害等級10級,下肢・足指

32歳男性会社員の交通事故です。

事故の状況は、被害者がバイクで交差点を直進していたところ、右折してきた自動車に衝突されたものです。

被害者は、左距骨開放脱臼骨折、左足関節内課骨骨折等の傷害を負い、足関節の機能障害で自賠責後遺障害等級10級11号が認定されました。

保険会社は、被害者に対し、慰謝料など損害賠償金として、1684万5819円を提示。

被害者が、みらい総合法律事務所の無料相談を利用したところ、弁護士からは増額可能であると意見がありました。

被害者が、弁護士に示談交渉を依頼し、弁護士が交渉した結果、最終的には2550万円まで増額し、示談解決となりました。

保険会社提示額から、約900万円増額したことになります。

ご依頼いただいて良かったと思います。

【後遺障害併合9級】変形障害で1000万円増額!

2017年12月18日 Category:30歳代,後遺症,後遺障害等級10級,上肢・手指,後遺障害等級12級

33歳個人事業主の交通事故。

事故の状況は、被害者が交差点をバイクで直進進行中、対向車線から右折してきた自動車に衝突されたものです。

怪我は、右橈骨遠位端骨折、右母指MP関節側副靱帯損傷などで、治療の甲斐なく、右上肢長管骨変形障害等の後遺症が残り、自賠責後遺障害等級10級7号と12級8号の併合9級が認定されました。

保険会社は、被害者に対し、既払い金の他、慰謝料など損害賠償金として、1500万円を提示。被害者は、この金額が妥当かどうか確認するため、みらい総合法律事務所の無料相談を利用しました。

弁護士の見解は、「まだ増額できる」ということだったので、依頼。被害者は仕事が海外だったため、訴訟で打ち合わせをしたり、出廷したりするのが困難ということで、示談解決を希望していました。

弁護士は、交渉でできる限り増額できるよう保険会社と交渉し、最終的に2500万円で解決。保険会社提示額から1000万円増額できました。

ご依頼いただいて良かったです。

【後遺障害併合10級】約2倍増額

2017年07月09日 Category:30歳代,,後遺症,脊髄・頸椎・胸椎・腰椎,後遺障害等級10級



36歳男性の交通事故。

事故の状況としては、被害者が加害者車両をタクシーと間違えて道路に飛び出したところ、ひかれたものです。

被害者は、第一腰椎圧迫骨折、前歯欠損等の傷害を負い、脊柱変形の後遺症を残して症状固定しました。

自賠責後遺障害等級は、併合10級が認定され、保険会社は、それに基づいて、慰謝料など損害賠償菌として、8,948,869円を提示しました。

被害者は、みらい総合法律事務所の弁護士に解決を依頼し、弁護士が保険会社と交渉しましたが、事故状況から、保険会社側は、被害者の過失が大きいと主張してきました。

最終的には弁護士と保険会社が合意に達し、17,136,187円で解決しました。

保険会社提示額の約2倍に増額したことになります。

ご依頼いただいて、良かったと思います。



【後遺障害10級】腰椎圧迫骨折等で約1.91倍に増額!

2017年04月09日 Category:30歳代,,後遺症,脊髄・頸椎・胸椎・腰椎,後遺障害等級10級



歩行中の36歳男性の交通事故。

事故の状況は、被害者が、タクシーを拾うため、道路上に出てしまったところに、直進してきた自動車に衝突された交通事故です。

被害者は、第一腰椎圧迫骨折、歯牙欠損等の傷害を負い、自賠責後遺障害等級併合10級が認定されました。

保険会社は、被害者に対し、慰謝料など損害賠償金として、8,948,869円を提示しました。この金額は、被害者の過失を55%と大きく見積もった金額でした。

そこで、被害者は、この過失割合は正しいのか、また、提示金額は正しいのか、確認するために、みらい総合法律事務所の弁護士に相談しました。

弁護士からは、増額可能と意見があったので、依頼することにしました。

弁護士と保険会社が交渉した結果、被害者側の過失は、55%から38%に修正され、慰謝料も増額しました。

最終的には、17,136,187円で解決しました。

保険会社提示額から、約818万円増額しました。これは、1.91倍となります。

ご依頼いただいて、良かったと思います。



【後遺障害10級】約4.9倍に増額!

2017年02月24日 Category:後遺症,50歳代,後遺障害等級10級,下肢・足指,上肢・手指

51歳男性が、バイク交通事故に遭いました。

事故の状況としては、被害者がバイクに乗って直進していたところ、右折してきた四輪車にはねられたものです。

怪我としては、右肩腱板断裂、右肩関節唇損傷、右足関節靱帯損傷等です。

治療のかいなく、関節機能障害の後遺症が残り、自賠責後遺障害等級10級10号が認定されました。

保険会社は、すでに治療費や休業補償など多額の支払いをしており、その他には、慰謝料等として、125万5841円を示談金として提示してきました。

被害者は、この金額を不満とし、みらい総合法律事務所の弁護士に交渉を依頼しました。

弁護士が交渉しましたが、決裂し、裁判を起こしました。

裁判では、加害者側は、被害者の過失を30%と主張してきましたが、被害者側の主張がとおり、過失は10%におさえられました。

最終的には、620万円で解決し、保険会社提示額の約4.9倍で決着したことになります。

ご依頼いただいて良かったと思います。

【後遺障害併合9級】肩関節機能障害で約670万円の増額!

2017年01月10日 Category:40歳代,後遺症,後遺障害等級9級,鎖骨・骨盤骨,後遺障害等級10級,後遺障害等級14級



42歳男性会社員が、肩甲骨骨折、足骨折等の傷害を負う交通事故に遭いました。

事故は、被害者がバイクで直進中、対向から交差点を右折中の自動車にはねられたものです。

治療のかいなく、被害者には、鎖骨変形12級5号、肩関節可動域制限10級10号、神経症状14級9号の後遺障害が残り、後遺障害等級併合9級が認定されました。

保険会社は、これまでの既払い金約750万円の他、被害者に対する慰謝料その他の賠償金として963万9635円を提示しました。

この金額が妥当かどうか判断するため、被害者は、みらい総合法律事務所の無料相談で弁護士に相談しました。

弁護士が増額可能と判断したため、依頼。

特に、後遺障害慰謝料で争いになりましたが、弁護士と保険会社が交渉し、最終的に、1634万1495円で解決しました。

保険会社提示額から約670万円増額しての解決となります。

ご依頼いただいて良かったと思います。



【後遺障害併合9級】歯牙障害等で約2.16倍に増額!

2016年12月29日 Category:20歳代,,後遺症,後遺障害等級10級,上肢・手指,後遺障害等級12級



27歳会社員の男性が交通事故に遭いました。

事故は、被害者がバイクで直進中に、対向してきた四輪車が路外に出ようとして右折して衝突したものです。

被害者は、歯科補綴や左橈骨遠位端骨折等の傷害を負いました。

治療のかいなく、歯牙障害で後遺障害等級10級4号、左上肢機能障害で12級の併合9級の後遺障害等級認定がされました。

ただし、既存障害として歯牙障害11級4号がありました。

保険会社は、これまでに支払った約300万円を除き、慰謝料など賠償金としては、738万5741円が妥当と主張しました。

被害者は、後遺障害等級の妥当性や賠償金の妥当性の判断ができず、みらい総合法律事務所の無料相談で弁護士に相談しました。

弁護士が増額可能と判断したため、依頼。

弁護士が保険会社と交渉し、最終的に、1600万円で解決しました。

保険会社提示額の約2.16倍で解決したことになります。

ご依頼いただいて良かったと思います。



【後遺障害】10級7号で約2.85倍に増額!

2016年12月12日 Category:40歳代,後遺症,後遺障害等級10級,上肢・手指



44歳女性公務員が、自転車で直進中に、路外に出てくる自動車にはねられた交通事故です。

怪我は、右母指MP関節尺側靱帯損傷で、治療のかいなく、後遺障害が残ってしまい、自賠責の後遺障害等級は、10級7号が認定されました。

保険会社は、被害者に対し、慰謝料など損害賠償金として、699万4241円を提示しました。

被害者は、この金額の妥当性を確認すべくみらい総合法律事務所の無料相談で弁護士に相談しました。

弁護士に意見は増額可能だったので、依頼。

示談交渉では決着がつかず、裁判となりました。

裁判では、付き添い費や逸失利益、物損が争点となりました。

しかし、最終的には、大幅に増額され、2000万円で解決しました。

保険会社提示額の約2.85倍で解決したことになります。

ご依頼いただいて良かったと思います。