インターネットで探すと、いろいろな弁護士の交通事故ウェブサイトがあるのですが、どうやって選んだらよいですか?<弁護士の選び方>

交通事故の処理の実績がある弁護士に依頼するのが望ましいと思います。

ウェブサイトは、自分で作れますので、「交通事故に強い弁護士です」
「交通事故専門です」というのは、自分で宣言すれば、すぐに作れてしまえます。
したがって、そこは信用してはいけません。

しかし、弁護士は虚偽の事実を掲載しないはずですから、
そこから、次の点をチェックしていただければと思います。

【相談件数、取り扱い件数の記載がある】

交通事故を専門的に扱っている場合には、多くの知識とノウハウが日々蓄積されます。
私たちも年間1,000以上のご相談を受け付け、
常時100件以上の事件を処理し続けておりますが、
その過程で、膨大な知識とノウハウが蓄積されています。

したがって、ウェブサイトに数多くの相談件数、取り扱い件数の記載があれば、
それだけ知識とノウハウがある、という推定が働きます。

【専門書を執筆している】

交通事故を専門的に扱っていると、法律書を扱う出版社から、専門書の執筆依頼があります。
ここで言う「専門書」とは、素人が読む一般ビジネス書ではなく、
法律専門家である裁判所や弁護士などが参考にする専門書のことです。

専門書を執筆するには、出版社から信頼ももちろんですが、
法律専門家が参考にできるだけの深い知識が必要になってきます。
したがって、交通事故の専門書を執筆している弁護士は、
交通事故の分野に関する深い知識があるという推定が働きます。

ちなみに、みらい総合法律事務所でも、「脊髄損傷と損害賠償実務」(ぎょうせい)、
「高次脳機能障害と損害賠償実務」(ぎょうせい)など、専門書を執筆しています。

【解決事例が多数掲載されている】

解決事例は、実際に事件を解決していなければ掲載できませんので、
自称専門家では、少しの事例しか掲載できません。
ウェブサイトに多数の解決事例が掲載されている弁護士は、多数の実績があるという推定が働きます。

【報道関係のマスメディアから取材を受けている】

テレビに出演する弁護士が増えてきていますが、テレビに出演するからと言って、
必ずしも実務に優れている、というわけではありません。

なぜなら、テレビと言っても、報道番組からバラエティ番組まで、いろいろな種類の番組があるためです。
ある分野に詳しい弁護士を探すには、「報道番組」において、
その分野の専門家として取材を受ける弁護士を探すことです。

なぜなら、報道番組で取材をするには、その道で著名な人を探して行うためです。
そうでなければ、コメントの内容の信憑性が確保できないからです。
したがって、交通事故の分野で著名な弁護士を探すには、
報道番組でコメントをしている弁護士を探すことです。

みらい総合法律事務所の弁護士は、「報道ステーション」「報道ステーションサンデー」
「スーパーニュース」「イブニング5」など、多くの報道番組から取材を受けています。