無免許、飲酒、居眠運転の死亡事故の慰謝料判例

無免許、飲酒、居眠り運転による交通事故の慰謝料判例について、弁護士が解説します。

【交通事故の判決】

さいたま地裁平成19年11月30日判決(交通事故民事裁判例集40巻・第6号・1558頁)

【死亡・後遺障害等級】
死亡事故

【損害額合計】
7302万7066円

【慰謝料額】
合計3600万円
死亡慰謝料の本人分として2500万円
妻300万円、子3人に各200万円、父母に各100万円の固有の慰謝料

【交通事故の概要】
平成15年8月10日午後2時40分ころ、埼玉県横瀬町の道路において、加害車両が対向車線上に侵入し、被害車両の前方右部に衝突し、被害者を死亡させた。
被害者は、事故当時37歳の土木工事業者である。
原告は、被害者の妻と子2名、および母の計4名である。
原告が弁護士に依頼し、弁護士が代理人として提訴。

【判例要旨】

(裁判基準は、2800万円)

本件交通事故においては、以下の事情から、合計で、3600万円の死亡慰謝料を認めた。
①被害者には、何らの過失もないこと。
②加害者が、無免許、飲酒、居眠運転だったこと。
③加害者及びその同乗者が、事故直後、被害車両に乗車する被害者らを救助しなかったこと。
④加害者が、同乗者に対して、自らについて虚偽の供述を求めていたこと。
⑤事故後に、自分は運転していないなど虚偽供述を繰り返したこと。
⑥本件事故で被害者の息子も死亡しており、また妻は全治3カ月、娘の一人は全治6か月、もう一人の娘も全治3週間の傷害を負い、一家全体に重大な結果が生じていること。

以上、無免許、飲酒、居眠り運転の交通事故の判例について、弁護士が解説しました。

「交通事故の被害者が弁護士に相談すべき7つの理由と2つの注意点」は、こちらです。
交通事故弁護士