飲酒による死亡事故の慰謝料判決

飲酒による交通事故の慰謝料判決について、弁護士が解説します。

【交通事故の判決】

東京地裁平成18年10月26日判決(交通事故民事裁判例集39巻・第5号・1492頁)

【死亡・後遺障害等級】
死亡事故

【損害額合計】
6753万9614円

【慰謝料額】
合計3200万円。
死亡慰謝料の本人分として2700万円。
夫に200万円、子3人に各100万円の固有の慰謝料。

【交通事故の概要】
平成14年12月9日午前1時15分ころ、千葉県の道路において、加害車両を運転中の加害者が、仮眠状態に陥り、加害車両を時速50ないし55キロメートルで道路左外側線側に進出させ、折から同道路左側付近を対面歩行してきた被害者らに加害車両を順次衝突させて跳ね飛ばし、被害者らを加害車両に激突ないし路上に点灯させるなどした。被害者は心破裂の傷害を負い、即死した。
被害者は、事故当時43歳の、主婦兼アルバイトである。
原告は、被害者の夫と、子の、2人である。
原告が弁護士に依頼し、弁護士が代理人として提訴。

【判例要旨】

(裁判基準は、2400万円)
本件交通事故では、以下の事情から、合計3200万円の死亡慰謝料を認めた。
①加害者は、午後5時30分ころから行われていた勤務先の忘年会や二次会で飲酒し、事故後1時間後でも高濃度のアルコールが検出されるほど多量の飲酒をした結果、正常な運転が困難な状態であったにもかかわらず加害車両を走行させ、仮眠状態に陥り、本件事故を起こしており、運転動機が身勝手かつ事故態様が悪質であること。
②被害者に落ち度がないこと。
③高校生や小学生であった子らの成長を見届けることなく生命を奪われたこと。

以上、飲酒による交通事故の判決について、弁護士が解説しました。

「交通事故の被害者が弁護士に相談すべき7つの理由と2つの注意点」は、こちらです。
交通事故弁護士