後遺障害と死亡事故に特化。交通事故賠償に詳しい弁護士が解説。

【後遺症】鎖骨変形、指関節可動域制限(併合11級)で約1,000万円獲得!

2014年05月02日
Category:

42歳男性が、交通事故により傷害を負い、鎖骨変形、右母指IP関節可動域制限の後遺症を残して症状固定しました。

保険会社は、被害者に対し、示談金として、6,321,859円を提示。

自賠責と労災でそれぞれ後遺障害等級の申請をしましたが、結果が異なっていたため、当事務所に相談したところ、自賠責で見落とされている後遺症があると判断し、当事務所で受任しました。

労災に認定資料の開示請求を行い、その資料をもとに自賠責に対して追加の等級認定を行い、これが認められて併合11級に認定されました。

その結果、最終的に、10,033,346円で解決しました。

異議申立をしなければ、もっと低い金額で解決していたので、ご依頼いただいて良かったと思います。

無料相談対象(取扱事案)について 喜びの声はこちら
知らないと損する必須知識    
       
  • 損害賠償自動シュミレーション
  •    
  • シュミレーション 後遺症編
  •    
  • シュミレーション 死亡事故編
  •