後遺障害と死亡事故に特化。交通事故賠償に詳しい弁護士が解説。

【後遺症12級】足親指用廃で約3.2倍に増額!

14歳男性が、交通事故で左足指骨折等の傷害を負いました。

治療しましたが、左親指用廃の後遺症が残ってしまい、自賠責後遺障害等級12級12号が認定されました。

保険会社は、被害者に対し、慰謝料などの賠償金として、420万4199円を提示しました。

ご両親がこの金額の妥当性についてみらい総合法律事務所の弁護士に相談しました。

弁護士の見解としては十分増額が見込める、ということだったので、依頼しました。

保険会社の主張としては、将来の仕事への影響は、だんだん減っていくはずだ、ということで、逸失利益を低く見積もって主張していました。

弁護士が訴訟を前提として交渉した結果、金額は1363万7093円まで増額しました。

弁護士としては、訴訟をすれば、更に増額する見込みである旨説明しましたが、被害者のご両親としては、早く解決したい、というご意向だったため、示談となりました。

それでも、保険会社提示額の約3.2倍に増額です。

ご依頼いただいて良かったと思います。

無料相談対象(取扱事案)について 喜びの声はこちら
知らないと損する必須知識    
       
  • 損害賠償自動シュミレーション
  •    
  • シュミレーション 後遺症編
  •    
  • シュミレーション 死亡事故編
  •