後遺障害と死亡事故に特化。交通事故賠償に詳しい弁護士が解説。

【後遺障害8級】3000万円を獲得!

36歳男性が、交通事故の被害に遭いました。

怪我としては、第一、第五腰椎の圧迫骨折で、入院加療を要するものでした。

保険会社から治療費等をもらいながら治療をしましたが、脊柱変形の後遺症が残ってしまい、自賠責後遺障害等級8級が認定されました。

賠償額が大きくなることから、被害者は、交通事故専門の弁護士に依頼した方がよいと考え、みらい総合法律事務所に依頼しました。

弁護士が保険会社と交渉しましたが、逸失利益の計算に必要な労働能力喪失率が争点となりました。

最終的には、弁護士と保険会社との間で合意でき、賠償金は3000万円獲得することができました。

ご依頼いただいて良かったと思います。

無料相談対象(取扱事案)について
知らないと損する必須知識
  • 後遺症編
  • 死亡事故編