後遺障害と死亡事故に特化。交通事故賠償に詳しい弁護士が解説。

【後遺障害14級】神経症状で約3.8倍に増額!

33歳女性派遣社員の交通事故。

事故の状況は、被害者が歩行中、走行してきた四輪車にひかれたもの。

加害者は、そのまま逃走したひき逃げ事件です。

怪我は、頚椎捻挫、足関節靱帯損傷で、治療のかいなく、神経症状の後遺症が残り、自賠責後遺障害等級は、併合14級が認定されました。

保険会社は、治療中、被害者に対し、治療費等として、195万円を支払いました。

示談交渉になり、保険会社は、被害者に対し、慰謝料など損害賠償として、124万8636円を提示しました。

被害者がみらい総合法律事務所の弁護士に相談したところ、増額可能とのことだったので、示談交渉を依頼しました。

弁護士と保険会社との交渉により、示談金額は、472万4573円まで増額し、解決しました。

保険会社提示額の約3.8倍に増額したことになります。

ご依頼いただいて良かったです。

無料相談対象(取扱事案)について
知らないと損する必須知識    
       
  • 損害賠償自動シュミレーション
  •    
  • シュミレーション 後遺症編
  •    
  • シュミレーション 死亡事故編
  •