【後遺障害12級13号】神経症状で1589万円獲得!


40歳男性会社役員の交通事故。

事故の状況は、被害者が自宅前で車を車庫に誘導中にひかれたものです。

怪我は、右脛骨顆部開放骨折、右足関節捻挫等の傷害を負いました。治療の甲斐なく、後遺症が残ってしまい、自賠責後遺障害等級は、神経症状で12級13号が認定されました。

被害者は、自分で交渉するよりも弁護士に依頼した方がよいと考え、みらい総合法律事務所の弁護士に依頼しました。

弁護士と保険会社が交渉しましたが、交渉は決裂。弁護士は、加害者に訴訟を提起しました。ところが、第一回期日が始まる前に、保険会社が譲歩したため、裁判にならず、示談解決となりました。

解決金額は、1589万円です。

ご依頼いただいて良かったと思います。