【後遺障害12級5号】鎖骨変形で約2.3倍に増額!


61歳女性の交通事故。事故の状況は、被害者が自転車で交差点にいたところ、左折してきた自動車に衝突されたものです。

ケガは、外傷性くも膜下出血、鎖骨骨折等の傷害でした。治療の甲斐なく、鎖骨変形の後遺症が残り、自賠責後遺障害等級12級5号が認定されました。

保険会社は、被害者に対し、既払い金の他、慰謝料など損害賠償金として、365万2657円を提示。

被害者は、この金額の妥当性について、みらい総合法律事務所の無料相談を利用しました。

弁護士から増額可能と意見があったため、示談交渉を依頼したところ、弁護士と保険会社との交渉で850万円まで増額しました。

弁護士から裁判にするよう話がありましたが、被害者は、示談決着を望み、850万円で解決しました。

保険会社提示額の約2.3倍に増額したことになります。

ご依頼いただいて良かったと思います。