【後遺障害11級7号】約1500万円獲得!


17歳男子学生の交通事故です。

事故の状況は、被害者がバイクを運転して交差点に進入したところ、右折してきた自動車に衝突されたものです。

被害者は、胸腰椎圧迫骨折の傷害を負いました。治療のかいなく、脊柱変形の後遺症が残りました。

自賠責後遺障害等級を申請したところ、11級7号が認定されました。

保険会社が、被害者が交差点に侵入したのが赤信号だった、と主張していたこともあり、被害者は、みらい総合法律事務所の弁護士に依頼しました。

保険会社は主張を譲らなかったため、提訴。最終的には、1549万1519円で解決しました。

ご依頼いただいて良かったと思います。