【高次脳機能障害】併合8級で2,000万円を獲得!

2014年09月24日




25歳女性が、交通事故により、脳挫傷、骨折等の傷害を負い、高次脳機能障害や股関節機能障害の後遺症を残して症状固定しました。

自賠責後遺障害等級を申請したところ、高次脳機能障害で9級、股関節機能障害で12級の併合8級が認定。

被害者は、自分では解決困難と判断し、みらい総合法律事務所に相談し、依頼しました。

弁護士が受任して交渉し、被害者側に大きな過失があったものの、最終的に2,000万円で解決しました。