【高次脳機能障害】1級1号で1億3,000万円獲得!

2014年09月28日




34歳男性が、交通事故で、頭部外傷などの傷害を負い、左片麻痺、高次脳機能障害、二次性てんかんなどの後遺症を残して症状固定しました。

自賠責後遺障害等級は、1級1号が認定されました。

後遺障害が重いことや賠償額が多額になることから、自分達で解決することは困難と判断し、親族はみらい総合法律事務所に依頼しました。
示談では解決がつかず、裁判になりましたが、最終的に、1億3,000万円で解決しました。