【後遺症】高次脳機能障害9級で約500万円の増額!

2014年11月03日




77歳女性が、交通事故により、脳挫傷などの傷害を負い、高次脳機能障害の後遺症を残して症状固定しました。

保険会社は、被害者に対し、慰謝料などの示談金として、6,904,334円を提示しました。

被害者は、この金額が適正かどうかわからず、交通事故専門弁護士として、みらい総合法律事務所の弁護士に相談しました。

増額の可能性があるとのことだったので、そのまま弁護士に依頼しました。

過失割合でもめましたが、最終的に、12,000,000円で解決しました。

約500万円増額したことになります。