【高次脳機能障害5級】約7900万円獲得!


48歳男性が、バイクでT字路を右折しようとしたところ、右から信号無視のトラックが進行してきて衝突した交通事故。

被害者は、外傷性脳損傷の傷害を負いました。

治療の甲斐なく、被害者には、高次脳機能障害の後遺症が残りました。

自賠責の後遺障害等級は、5級が認定され、保険会社から示談交渉の要請が来ました。

被害者は、自分では解決が困難と考えて、みらい総合法律事務所の弁護士に解決を依頼しました。

弁護士と保険会社が交渉しましたが、金額の折り合いがつかず、裁判となりました。

保険会社は、自賠責の後遺障害等級5級がおかしい、として争ってきましたが、裁判所の判断としては、5級が相当である、との意見が出されました。

その結果、裁判所の和解案にしたがい、7935万円で解決しました。

保険会社が後遺障害等級認定を争ってきたこともあり、ご依頼いただいて良かったと思います。