【高次脳機能障害4級】6350万円獲得!


68歳兼業主婦の交通事故です。

事故の状況は、信号のない丁字路を被害者が歩いて横断していたところ、直進車に衝突されたものです。

被害者は、脳挫傷等の怪我を負いました。

治療の甲斐なく、左動眼麻痺、高次脳機能障害等の後遺症が残り、自賠責後遺障害等級は、5級2号、10級2号の併合4級が認定されました。

被害者は、後遺障害等級の妥当性、賠償額の見込について、みらい総合法律事務所の弁護士に相談し、そのまま依頼をすることになりました。

弁護士は、被害者には介護が必要だと考えて将来介護費用を請求しましたが、保険会社は認めず裁判になりました。

裁判では、将来介護費用も認められ、最終的に6350万円で解決しました。

ご依頼いただいて良かったと思います。