解決実績

【後遺障害12級5号】鎖骨変形で約2.27倍に増額!

2017年09月29日



8歳女児の交通事故。事故の状況は、被害者が横断歩道を歩いていたところ、信号無視をして交差点に進入してきた自動車に衝突されたものです。

被害者は、右鎖骨骨折、左腓骨骨折等の傷害を負いました。治療の甲斐なく、鎖骨に変形を残して、自賠責後遺障害等級12級5号が認定されました。

保険会社は、被害者に対し、慰謝料など損害賠償金として、361万9730円を提示。

被害者が、賠償額が妥当かどうか確認するためにみらい総合法律事務所の無料相談を利用したところ、弁護士からは、増額可能と意見があったため、依頼。

弁護士と保険会社が交渉し、増額に成功して、822万7655円で示談解決となりました。

保険会社提示額の約2.27倍に増額しました。

ご依頼いただいて良かったと思います。



【後遺障害併合8級】脊柱変形で約2倍に増額!

2017年09月12日



19歳男性会社員の交通事故。

事故の状況は、被害者が自転車を押して歩道を歩行しているときに、路外から車道に出ようとした四輪自動車に衝突されたものです。

怪我は、腰椎圧迫骨折等で、脊柱変形と難聴の後遺症が残ってしまい、自賠責後遺障害等級は、8級と14級の併合8級が認定されました。

保険会社は、被害者に対し、慰謝料など損害賠償金として、2303万5692円を提示。

被害者は、その提示額で示談をしてよいかどうか、みらい総合法律事務所の弁護士に相談したところ、増額できるので示談すべきでない、との意見があったため、依頼。

保険会社が譲歩しなかったため、弁護士は提訴し、裁判で争うことになりました。

最終的に、大幅に増額して、4670万円で解決となりました。保険会社提示額の約2倍での決着です。

ご依頼いただいて、良かったと思います。



【後遺障害8級】頚部可動域制限で約3.38倍に増額!

2017年09月05日



40歳男性の交通事故。

事故の状況は、被害者が自動車に乗っている時に、後ろから衝突されたもので、被害者は、頚環軸椎骨折等の傷害を負いました。

治療のかいなく、頚部可動域制限等の後遺症が残り、自賠責後遺障害等級8級と14級の併合8級が認定されました。

保険会社は、既払い金を除き、慰謝料など損害賠償金として、2651万1587円を提示しました。

被害者は、みらい総合法律事務所の弁護士に相談し、そのまま依頼しました。

弁護士と保険会社との交渉は決裂し、訴訟への移行しましたが、保険会社は、後遺障害等級自体が間違いであるとして争ってきました。

しかし、裁判所は弁護士の主張を認め、8級を前提とし、賠償金として、8971万9852円を支払う判決を下しました。

保険会社提示額の約3.38倍で解決したことになります。

ご依頼いただいて良かったと思います。



【後遺障害14級】神経症状で約3.8倍に増額!

2017年08月22日



33歳女性派遣社員の交通事故。

事故の状況は、被害者が歩行中、走行してきた四輪車にひかれたもの。

加害者は、そのまま逃走したひき逃げ事件です。

怪我は、頚椎捻挫、足関節靱帯損傷で、治療のかいなく、神経症状の後遺症が残り、自賠責後遺障害等級は、併合14級が認定されました。

保険会社は、治療中、被害者に対し、治療費等として、195万円を支払いました。

示談交渉になり、保険会社は、被害者に対し、慰謝料など損害賠償として、124万8636円を提示しました。

被害者がみらい総合法律事務所の弁護士に相談したところ、増額可能とのことだったので、示談交渉を依頼しました。

弁護士と保険会社との交渉により、示談金額は、472万4573円まで増額し、解決しました。

保険会社提示額の約3.8倍に増額したことになります。

ご依頼いただいて良かったです。



【後遺障害】11級7号で約3.5倍に増額

2017年08月15日



42歳兼業主婦の女性の交通事故。

事故の状況は、被害者が自転車で信号のない交差点を直進したところ、同じく直進してきた四輪車に衝突されたものです。

怪我は、第二腰椎圧迫骨折で、脊柱変形の後遺症が残り、自賠責後遺障害等級11級7号が認定されました。

保険会社は、慰謝料など損害賠償金として、被害者に対し、金413万4516円を提示。

被害者は、みらい総合法律事務所の無料相談を利用し、この金額の妥当性を確認したところ、弁護士からは、十分増額が可能、ということだったので、依頼しました。

弁護士と保険会社が交渉し、最終的に、1440万8025円で解決しました。

保険会社提示額の約3.5倍で解決したことになります。

ご依頼いただいて良かったと思います。



【後遺障害併合12級】21.8倍に増額

2017年08月09日



31歳女性の交通事故。

事故の状況は、被害者が、夜間、幹線道路を歩行横断中に、直進車両にひかれたというものです。

被害者は、右足大腿骨転子骨骨折等の傷害を負いました。

治療を継続しましたが、右足に神経症状と外貌醜状の後遺症を残し、自賠責後遺障害等級12級13号と14級5号の併合12級が認定されました。

保険会社が、被害者に対し、慰謝料など損害賠償金として、433,880円を提示し、被害者は、みらい総合法律事務所の弁護士に相談しました。

その結果、全てを弁護士に依頼することにし、弁護士と保険会社との交渉となりました。

保険会社は、被害者の過失を主張しましたが、交渉によって調整がなされ、最終的には、9,501,515円で決着しました。

保険会社提示額の約21.8倍に増額したことになります。

ご依頼いただいて良かったです。



【後遺障害11級7号】脊柱変形で1282万円獲得!

2017年08月02日



60歳の女性(専業主婦)の交通事故。

事故の状況としては、被害者が横断歩道を歩行しているときに、左折してきた四輪車に衝突されたというものです。

怪我は、第二腰椎圧迫骨折、右くるぶし骨折で、脊柱変形の交渉が残り、自賠責後遺障害等級11級7号が認定されました。

被害者は、解決をみらい総合法律事務所に任せることにし、弁護士に全てを委任しました。

弁護士と保険会社が交渉し、過失割を5%とすることで合意し、損害額は弁護士の主張どおり、とすることで示談しました。

示談金額は、1282万0988円となりました。

ご依頼いただいて、良かったと思います。

【後遺障害8級相当】第12腰椎圧迫骨折で約2.1倍に増額!

2017年07月13日



47歳女性の交通事故。

事故の状況としては、被害者が、自転車で進行していたところ、T字路を左折しようとしてきた四輪自動車に衝突されたものです。

被害者は、第12腰椎圧迫骨折の傷害を負い、脊柱変形の交渉を残して症状固定しました。

自賠責後遺障害等級は、8級相当が認定され、保険会社は、慰謝料など損害賠償金として、933万6419円を提示しました。

その示談提示では、被害者のリウマチが既存障害であり、9級と評価できる、とされており、それが正しいのかどうか、また、示談金が正しいのかどうか、確認するため、被害者は、みらい総合法律事務所の弁護士に相談しました。

弁護士からは、増額可能と意見があったため、示談交渉を依頼しました。

弁護士と保険会社が交渉した結果、最終的に2,000万円で解決しました。保険会社提示額の約2.1倍です。

被害者からは、「みらい総合法律事務所に連絡して良かったと思います」とのお礼の言葉をいただきました。
こちらこそ、ありがとうございました。
 

ご依頼いただいて良かったと思います。



【後遺障害併合10級】約2倍増額

2017年07月09日



36歳男性の交通事故。

事故の状況としては、被害者が加害者車両をタクシーと間違えて道路に飛び出したところ、ひかれたものです。

被害者は、第一腰椎圧迫骨折、前歯欠損等の傷害を負い、脊柱変形の後遺症を残して症状固定しました。

自賠責後遺障害等級は、併合10級が認定され、保険会社は、それに基づいて、慰謝料など損害賠償菌として、8,948,869円を提示しました。

被害者は、みらい総合法律事務所の弁護士に解決を依頼し、弁護士が保険会社と交渉しましたが、事故状況から、保険会社側は、被害者の過失が大きいと主張してきました。

最終的には弁護士と保険会社が合意に達し、17,136,187円で解決しました。

保険会社提示額の約2倍に増額したことになります。

ご依頼いただいて、良かったと思います。



【後遺障害5級5号】約3000万円増額

2017年06月24日



31歳会社員の交通事故。

事故状況としては、被害者がバイクで、加害者が四輪車の交差点での交通事故。

被害者は、左下腿開放骨折の傷害を負いました。

治療のかいなく、左下腿を切断しなければならなくなり、自賠責後遺障害等級5級5号が認定されました。

保険会社は、被害者に対し、示談金として、5060万7644円を提示しましたが、被害者は、この金額が妥当かどうか確認するべくみらい総合法律事務所の弁護士に相談しました。

その上で、弁護士に依頼し、保険会社と交渉しましたが、被害者の過失が大きいのと、逸失利益で争いになり、訴訟へ。

最終的には、保険会社の提示額から約3000万円増額の、8100万円で解決しました。

ご依頼いただいて良かったと思います。