解決実績

【死亡事故】兼業主婦で、5926万7555円を獲得!

2015年08月10日



53歳の兼業主婦が、交通事故により、死亡しました。(死亡事故)

ご遺族は、夫と子ども2人です。

ご遺族は、死亡事故直後から、みらい総合法律事務所に相談し、諸手続を依頼しました。

刑事事件終了後、民事事件が開始されました。

ご遺族の意向により、裁判を提起し、最終的に、4800万円で解決しました。

また、ご自身の任意保険で人身傷害補償特約があったため、その特約に請求して、1126万7555円を得ました。

結果的に、5926万7555円を獲得したことになります。

故人のご冥福をお祈りいたします。

Category:

【後遺症12級】嗅覚脱失で約11倍に増額!

2015年07月17日

交通事故により、46歳主婦の女性が、嗅覚脱失の後遺症を残しました。

自賠責後遺障害等級を申請したところ、嗅覚脱失を理由として、12級が認定されました。

保険会社は、被害者に対し、慰謝料など損害賠償金として、既払金を除き、893,400円を提示しました。

金額の妥当性を確認するため、被害者は、みらい総合法律事務所に相談し、依頼しました。

保険会社は主婦であることを理由に逸失利益を争いましたが、最終的には、被害者の主張が認められ、9,849,623円で解決しました。

当初の保険会社の提示額の実に11倍に増額したことになります。

ご依頼いただいて、良かったと思います。

【後遺症併合2級】脊髄損傷等で約9300万円の増額!

2015年07月08日



47歳男性が、自動車により、脊髄損傷と下肢切断の傷害を負いました。

後遺症が残ったため、被害者が自賠責後遺障害等級を申請したところ、脊髄損傷で5級、下肢切断で5級の併合2級が認定されました。

保険会社は、被害者に対し、慰謝料などの損害賠償金として、52,695,937円を提示しました。

被害者は、この金額が妥当かどうか確認するために、みらい総合法律事務所の弁護士に相談しました。

弁護士の見解では、増額可能とのことだったので、被害者が弁護士に全てを任せました。

弁護士が交渉しましたが、保険会社が増額に応じなかったため、裁判を起こしました。

その結果、最終的には、1億4590万円で解決しました。

特に、慰謝料は、裁判基準(弁護士基準)では2370万円のところ、ひき逃げであったことも考慮されて増額され、2600万円が認められました。

保険会社提示額から約3倍、9300万円の増額で解決したことになります。

ご依頼いただいて良かったと思います。

Category:

【後遺症10級7号】母指用廃で約2.4倍に増額!

2015年06月26日

58歳男性が、交通事故で右母指中手骨骨折の傷害を負いました。

治療のかいなく、右母指用廃の後遺症が残り、自賠責後遺障害等級10級7号が認定されました。

保険会社は、被害者に対し、慰謝料など賠償金として、4,726,740円を提示しました。

被害者は、この金額が妥当かどうかわからなかったので、みらい総合法律事務所の弁護士に相談しました。

弁護士からは、増額可能と判断されたため、依頼しました。

その結果、最終的に、11,360,000円で解決しました。

保険会社の提示額の約2.4倍に増額したことになります。

ご依頼いただいて、よかったと思います。

【死亡事故】男性70歳で、48,032,219円で解決!

2015年06月13日



無職の70歳男性が、交通事故により死亡しました。

ご遺族は、刑事事件や民事の損害賠償など手続がわからず、みらい総合法律事務所の無料相談を利用し、依頼しました。

刑事事件に弁護士の援助を得て被害者参加し、意見の陳述等を行いました。

刑事事件終了後、民事損害賠償を行い、最終的に、48,032,219円で解決しました。

Category:

【後遺症11級7号】脊柱変形で約128倍に増額!

2015年06月05日

28歳男性が、交通事故により、脊柱圧迫骨折の傷害を負いました。

脊柱変形の後遺症が残ったので、自賠責後遺障害等級認定を申請したところ、11級7号が認定。

相手方タクシー会社は、被害者に対し、慰謝料など損害賠償金として、10万円を提示しました。

被害者が、みらい総合法律事務所の無料相談を利用したところ、かなりの増額が見込めると判断され、弁護士に依頼しました。

その結果、最終的に、1280万円で解決しました。

相手方の提示額の約128倍に増額したことになります。

ご相談いただかないと、大変なことになるところでした。

ご依頼いただいて、良かったと思います。

【後遺症12級】機能障害で約22倍に増額!

2015年05月22日

49歳男性が、交通事故により、骨折等の傷害を負いました。

治療の結果、肩関節機能障害の後遺症が残り、自賠責後遺障害等級は、12級6号が認定されました。

保険会社は、被害者に対し、慰謝料など賠償金として、583,236円を提示しました。

被害者が、この金額が妥当かどうか確認するため、みらい総合法律事務所の無料相談を利用しました。

弁護士が十分増額可能との判断をしたため、弁護士に依頼。

逸失利益や過失割合が争われましたが、被害者の主張が認められ、最終的に、

12,000,000円で解決しました。

保険会社提示額が583,236円で解決額が12,000,000円ですから、約22倍に増額したことになります。

ご依頼いただかないと、大変なことになるところでした。

ご依頼いただいて、良かったと思います。

【後遺症10級】肩関節機能障害で約2.9倍に増額!

2015年05月15日

66歳女性が、交通事故により、右上腕骨近位端粉砕骨折の傷害を負いました。

治療のかいなく、右肩関節機能障害の後遺症が残り、自賠責後遺障害等級10級10号が認定されました。

保険会社は、被害者に対し、慰謝料など賠償金として、5,974,355円を提示しました。

被害者がこの金額に疑問を持ち、みらい総合法律事務所の弁護士に相談しました。

弁護士の見解は、増額可能、ということだったので、依頼しました。

その結果、最終的に17,500,000円で解決しました。

保険会社の金額の約2.9倍に増額したことになります。

ご依頼いただいて、良かったと思います。

【高次脳機能障害5級】提示額の約1.5倍に増額!

2015年05月08日



82歳女性が、交通事故の被害に遭い、頭部外傷などの傷害を負いました。

高次脳機能障害の後遺症を残して、自賠責後遺障害等級は、5級が認定されました。

保険会社、被害者に対し、慰謝料等の損害賠償金として、13,354,139円を提示しました。

被害者が高齢だったため、被害者の親族が、みらい総合法律事務所に相談しました。

弁護士が増額可能と判断したため、依頼し、最終的に、20,000,000円で解決しました。

保険会社提示額の約1.5倍に増額しました。

ご依頼いただき、良かったと思います。



【後遺症併合10級】左肩関節可動域制限などで約2倍に増額!

2015年04月27日

37歳男性が、バイクを運転中、交差点で交通事故の被害に遭いました。

治療の甲斐なく、左関節可動域制限および外貌醜状の後遺症が残り、自賠責後遺障害等級併合10級が認定されました。

保険会社は、被害者に対し、慰謝料など示談金として、金10,831,420円を提示しました。

被害者が、みらい総合法律事務所の弁護士に相談したところ、まだ増額可能であるとのことだったので、依頼。

最終的に、21,000,000円で解決しました。

ご依頼いただいて、よかったと思います。