解決実績

【後遺障害併合11級】約2.8倍に増額!

2018年08月06日

21歳アルバイトの女性の交通事故です。

事故の状況は、被害者が自転車で走っていたところ、自動車にひき逃げされた、というものです。

被害者は、頭蓋骨骨折、脳挫傷等の傷害を負い、脳挫傷痕、嗅覚脱失の後遺症を残して、自賠責後遺障害等級併合11級が認定されました。

内訳は、脳挫傷痕で12級13号、嗅覚脱失で12級相当です。

保険会社は、治療費などすでに支払ったお金の他、慰謝料など損害賠償金として、330万8342円を提示。

被害者は、後遺障害等級の妥当性や示談金額の妥当性について判断できず、みらい総合法律事務所の弁護士に相談したところ、増額可能との意見があり、依頼。

弁護士と保険会社の交渉の結果、金額は約2.8倍に増額し、最終的に、927万6552円で示談解決しました。

ご依頼いただいて良かったと思います。

【高次脳機能障害7級】約2300万円増額!

2018年07月30日

16歳女性の交通事故です。事故の状況は、被害車が自転車で交差点を横断中、赤信号無視の自動車に衝突されたものです。

怪我は、頭部外傷の重傷でした。治療の甲斐無く、高次脳機能障害の後遺症が残り、自賠責後遺障害等級7級4号が認定されました。

保険会社は、被害者に対し、支払済みの治療費などの他、損害賠償金として、3190万1957円を提示。

被害者は、この金額の妥当性について、みらい総合法律事務所の弁護士に相談しました。

その結果、被害者は、全ての処理を弁護士に依頼し、弁護士が保険会社と交渉することになりました。

争点は、逸失利益の基礎収入と既存障害をどう考えるかでした。しかし、最終的には妥結し、5523万0889円で解決しました。

保険会社提示額から約2300万円増額しました。

ご依頼いただいて良かったと思います。

【後遺障害併合2級】1億1500万円獲得!

2018年07月23日

46歳男性の交通事故です。

被害者が、自宅の駐車場で立ち話をしていたところ、自動車にはねられてしまった交通事故です。

怪我は、右大腿切断と左下腿切断です。

自賠責後遺障害等級は、右大腿切断で4級5号、左下腿切断で5級5号の併合2級が認定されました。

被害者は、今後の流れ等についてみらい総合法律事務所の弁護士に相談し、全てを依頼することにしました。

弁護士が保険会社と交渉しましたが、保険会社が示談金の増額を渋ったため提訴。

将来の介護費用と、義足の費用が争点となりましたが、最終的には、1億1500万円で解決しました。

ご依頼いただいて良かったと思います。

【後遺障害12級9号】機能障害で約2倍に増額!

2018年07月16日

75歳専業主婦の女性の交通事故です。

事故の状況は、被害者が自転車で車道を走っているときに、後から直進してきた自動車に衝突されたものです。

怪我は、指の骨折や、顔面骨折などでした。

被害者には、指の可動域制限の後遺症が残り、自賠責後遺障害等級12級9号が認定されました。

保険会社は、被害者に対し、すでに支払った治療費などのほか、慰謝料等損害賠償金として、318万5892円を提示しました。

被害者は、保険会社との示談交渉を、みらい総合法律事務所の弁護士に依頼しました。

弁護士と保険会社が交渉した結果、最終的に600万円まで増額しての解決となりました。

保険会社提示額の約2倍での解決です。

ご依頼いただいて良かったと思います。

【後遺障害12級13号】神経症状で約2.3倍に増額!

2018年07月09日

兼業主婦で50歳の女性の交通事故です。

事故の状況は、被害者が、バイクで信号のある交差点を青信号に従って直進していたところ、左折してきた自動車に巻き込まれたものです。

怪我は、左手の親指骨折で、神経症状の後遺症が残り、自賠責後遺障害等級12級13号が認定されました。

保険会社は、すでに支払った治療費などのほか、慰謝料等の損害賠償金として、413万8839円を提示しました。

被害者が、この金額が妥当かどうか、みらい総合法律事務所に相談したところ、弁護士からは増額可能と判断があったため依頼することとしました。

弁護士と保険会社が交渉したところ、慰謝料と逸失利益が争点となりました。

最終的には、保険会社提示額の約2.3倍になる987万1207円で解決しました。

ご依頼いただいて良かったと思います。

【高次脳機能障害】併合5級で約2750万円増額

2018年07月02日

hyou-20180705.jpg

20歳男子大学生が、友人の運転する車の後部座席に同乗中、交差点で他の車と衝突した交通事故です。

被害者は、頭部外傷などの傷害を負い、高次脳機能障害、外貌醜状の後遺症を残して症状固定しました。

自賠責後遺障害等級を申請したところ、高次脳機能障害で7級、外貌醜状で7級の併合5級が認定されました。

保険会社は、被害者に対し、示談金として、既払い金を除き、3343万3581円を提示しました。

被害者は、解決を弁護士に依頼することにし、みらい総合法律事務所の弁護士に依頼をしました。

弁護士と保険会社が交渉したところ、外貌醜状に関する逸失利益が争いになりましたが、最終的には妥結し、6100万円で示談解決しました。

保険会社提示額から約2750万円増額したことになります。

お大事に。

20180705.png

【死亡事故】会社経営者で約2.1倍に増額!

2018年06月25日

71歳の女性会社経営者の死亡事故です。

被害者が交差点を青信号で横断歩行中に右折自動車にひかれたものです。

四十九日が終わった後に保険会社は遺族に対し、慰謝料等の損害賠償金として、2475万3114円を提示しました。

遺族は、この金額が妥当かどうか確認するため、みらい総合法律事務所の弁護士に相談をしました。

弁護士の意見では、まだ増額が可能ということだったので依頼することに。

弁護士が保険会社と交渉しましたが、なかなか増額に応じなかったため、裁判を起こすことになりました。

裁判では、逸失利益と生活費控除率が争いとなりましたが、最終的には5350万円まで増額し解決をしました。

保険会社提示額の約2.1倍に増加したことになります。

ご依頼いただいて良かったと思います。

【後遺障害併合13級】約3.16倍に増額!

2018年06月18日

35歳男性の交通事故。

事故の状況は、被害者が原付バイクで直進していたところ、右折してきた四輪車に衝突されたものです。

怪我の状況は、右小指基節骨骨折、左足背皮膚潰瘍後の左足関節前方肥厚性瘢痕などの後遺症を残し、自賠責後遺障害等級は、13級6号と14級5号の併合13級が認定されました。

保険会社は、被害者に対し、すでに支払った金員の他、慰謝料など損害賠償金として、189万5766円を提示しました。被害者は、みらい総合法律事務所の弁護士に、金額の妥当性について相談し、そのまま依頼。

弁護士と保険会社の交渉が決裂して、裁判になりました。最終的には、600万円で解決しました。

保険会社提示額の約3.16倍に増額したことになります。ご依頼いただいて良かったと思います。

【高次脳機能障害2級】66歳女性が約7000万円獲得!

2018年06月13日

66歳女性の交通事故。

事故の状況は、被害者が、自動車の助手席に同乗中に事故にあったものです。

頭部外傷の傷害を負い、高次脳機能障害で、自賠責後遺障害等級は、2級1号が認定されました。

被害者は、当初より弁護士に依頼することとし、みらい総合法律事務所に任せることにしました。

保険会社は、自宅付添費や将来介護費用を争ってきましたが、弁護士と保険会社の交渉により、最終的に、7016万2284円で解決しました。

ご依頼いただいて良かったと思います。

【死亡事故】82歳で3200万円獲得!

2018年06月04日

82歳専業主婦女性の交通死亡事故。

事故の状況は、被害者が交差点の横断歩道を歩行中に自動車に跳ねられたものです。

被害者のご遺族は、当初より示談交渉を、みらい総合法律事務所に依頼しました。

弁護士と保険会社の示談交渉は決裂し、裁判での決着となりました。

裁判では、被害者側の信号が青信号だったのか赤信号だったのかという点が争点になりました。

最終的には、青色点滅ということが前提となり、3200万円で解決をしました。

ご依頼いただいて良かったと思います