【脊髄損傷1級】1億3200万円獲得!


66歳男性の交通事故。事故の状況は、交差点を被害者が自転車に乗って進行していたところ、右折自動車にはねられたものです。

怪我は脊髄損傷です。四肢麻痺の後遺症が残ってしまい、寝たきりの状態になってしまいました。

自賠責後遺障害等級は1級が認定されました。

被害者および親族は、自分達では解決は難しいと考え、交通事故の専門家に任せることとし、みらい総合法律事務所の弁護士に依頼することとなりました。

弁護士と保険会社の交渉は決裂し、訴訟になりました。

訴訟では、将来治療費、将来介護費用、将来の介護器具等の費用、慰謝料などが争われましたが、最終的には裁判所の和解勧告がなされ、和解にて解決しました。

解決金額は、1億3200万円です。

ご依頼いただいて良かったと思います。