【死亡事故】67歳で約2000万円増額!

2018年05月01日


67歳女性の死亡事故です。

被害者が、信号のない交差点の横断歩道を歩行中に、直進してきた自動車にはねられた交通事故です。

被害者は、低酸素脳症により死亡してしまいました。

保険会社は、四十九日が終わった後、遺族に対し、慰謝料等の損害賠償金として、2554万6750円を提示しました。

遺族が、この金額の妥当性について、みらい総合法律事務所の弁護士に相談したところ、弁護士からは増額可能と意見があり、遺族は弁護士に依頼しました。

弁護士と保険会社の交渉では、慰謝料や逸失利益等が争点となりました。

最終的には大幅に増額し、4500万円で解決しました。

保険会社提示額から、約2000万円増額したことになります。

ご依頼いただいて良かったと思います。