後遺障害と死亡事故に特化。交通事故賠償に詳しい弁護士が解説。

交通事故慰謝料自動計算機(死亡事故編) 2020/4/1以降

※この計算機は、2020年4月1日~2022年3月31日に発生した交通事故についての計算を前提としています。

2020年4月1日より前に生じた交通事故の計算機はこちら


交通事故 慰謝料自動計算機
(死亡事故編)
STEP xxxx あと x STEP
実費を入力してください。
実費を入力してください。
1日1,500円×入院日数です。
以下に入院日数を入力してください。
装具備品費、その他。
実費を入力してください。
1日あたりの収入×(休業日数+有給取得日数)です。
※1日あたりの収入=事故前3ヶ月の給与額の合計÷90日
以下に入力してください。

入院期間と通院期間を入力してください。
※36ヶ月(1,080日)まで計算が可能です。

※通院期間が長期間かつ不規則である場合は、実通院日数を3.5倍した数字を入力してください
葬儀費用

※150万円以下で認められますが、仮に150万円で計算します
以下より選んでください。
働いている人*


※30歳未満の男性の年収は、仮に賃金センサス平成28年男子学歴計、30歳未満の女性の年収は、仮に賃金センサス平成28年女子学歴計で計算しています
年金額を入力してください。*
※年金を受給していない場合は「0」と記入してください
万円)
対象者の立場を選択してください。*

※通常、67歳まで
対象者の立場によって決まります。
※その他は、2000~2500万円ですが、仮に2500万円で計算します
自分の過失割合を選択してください。
保険会社や自賠責保険、労災保険などから既に支払われた額を入力してください。

請求損害額

未入力、または、正しく入力されていない項目があります。
内訳をご確認の上、入力を行ってください。

<小計> !非表示!




%




※交通事故慰謝料自動計算機は、個別事情を考えない一般的な計算方法によって概算にて計算しています。具体的な事情によって損害賠償額は大きく異なる場合がありますので、ご了承ください。
※申し訳ございませんが、使い方などのご質問はお受けしておりません。
実費を入力してください。
実費を入力してください。
1日1,500円×入院日数です。以下に入院日数を入力してください。
入院日数
装具備品費、その他。実費を入力してください。
1日あたりの収入×(休業日数+有給取得日数)です。 (1日あたりの収入=事故前3ヶ月の給与額の合計額÷90日×休業日数) 以下に入力してください。
1日あたりの収入休業日数+有給取得日数
入院期間と通院期間を入力してください。 ※36ヶ月(1,080日)まで計算が可能です。
※通院期間が長期間かつ不規則である場合は、実通院日数を3.5倍した数字を入力してください
他覚所見の有無
※150万円以下で認められますが、仮に150万円で計算します
死亡事故の場合の逸失利益は、以下の計算式によって算出されます。
(1)労働部分
(年収)×(労働能力喪失期間に対するライプニッツ係数)×(1 – 生活費控除率)
(2)年金額部分
(年金額)×(余命に対するライプニッツ係数)×(1 – 生活費控除率)
(3)逸失利益額
(1) + (2)
※30歳未満の男性の年収は、仮に賃金センサス平成28年男子学歴計、30歳未満の女性の年収は、仮に賃金センサス平成28年女子学歴計で計算しています 下表に必要事項を入力してください。 * が付いている項目は必ず入力してください。
税引き前の事故前年度の年収 *
働いている人働いていない人


※就職の蓋然性がある場合のみ認められます

*
年額
万円)
※年金を受給していない場合は「0」と記入してください。
*
%
*

※通常、67歳まで
※男性で82年、女性で87年まで
対象者の立場によって決まります。 ※その他は、2000~2500万円ですが、仮に2500万円で計算します
% 自分の過失割合を選択してください。
保険会社や自賠責保険、労災保険などから既に支払われた額を入力してください。
無料相談対象(取扱事案)について
知らないと損する必須知識    
       
  • 損害賠償自動シュミレーション
  •    
  • シュミレーション 後遺症編
  •    
  • シュミレーション 死亡事故編
  •