後遺障害等級4級の内容について弁護士が解説します。


交通事故の後遺障害等級4級について、弁護士が解説します。

交通事故の後遺障害等級4級は、眼や耳、手足など障害を負った部位によって1号から7号に分類されます。

交通事故で、後遺障害が残った場合には、労働能力が低下してしまいますので、その損失も補償してもらわなければなりません。

後遺障害等級1級から3級の労働能力喪失率が100%、つまり、全く働けないとされているのに対し、4級では92%の労働能力喪失率となります。
100%ではないとはいっても、非常に高い割合であることには変わりなく、被害者にとっては将来的に働いて必要な収入を得ることは難しいと言わざるを得ません。

保険会社との示談交渉では、労働能力喪失率もポイントのひとつとなります。

後遺障害の等級及び限度額

【自賠法別表第2】 後遺障害等級第4級

後遺障害 保険金(共済金)額
1. 両眼の視力が0.06以下になったもの
2. 咀嚼及び言語の機能に著しい障害を残すもの
3. 両耳の聴力を全く失ったもの
4. 一上肢をひじ関節以上で失ったもの
5. 一下肢をひざ関節以上で失ったもの
6. 両手の手指の全部の用を廃したもの
7. 両足をリスフラン関節以上で失ったもの
1,889万円

後遺障害等級第4級1号

両眼の視力が0.06以下になってしまった場合、後遺障害等級が4級1号と認定されます。

といっても、後遺障害等級が2級2号の場合の基準が両眼の視力が0.02以下となっているため、正確には裸眼ではなく強制視力が0.02を超えた数値から0.06までの場合ということになります。

後遺障害等級第4級2号

咀嚼(そしゃく)能力の障害については、3級の場合は「咀嚼機能を廃した」ために流動食しか食べられないという状態でしたが、4級では「著しい障害を残す」とされています。
具体的には、お粥や軟らかい肉や魚などの食べ物が食べられる状態と判断されます。

言語機能の障害については、4つの子音のうち2つが発音できなくなった状態、または、綴音(ていおん/てつおん)機能に障害があり、言語のみでは意思疎通をさせることができない状態とされます。

4つの子音とは、具体的には次の通りです。
①口唇音/ま行音・ぱ行音・ば行音・わ行音、ふ
②歯舌音/な行音・た行音・ら行音・ざ行音・しゅ・じゅ・し
③口蓋音/か行音・が行音・や行音・ひ・にゅ・ぎゅ・ん
④咽頭音/は行音

綴音とは、2つ以上の単音が結合してできた音のことで、たとえば「た」=「ta」は、「t」「a」という2つの単音から成り立っているとします。

咀嚼能力と言語能力の両方の障害が残った場合、4級2号が認定されます。

後遺障害等級第4級3号

両耳の聴力を完全に失った場合、4級3号が認定されます。

認定の際には、単純な音が聴き取れるか(純音)、言葉を言葉として聴き取れるか(明瞭度)の2種類の検査を行います。

判断基準は次の2通りで、どちらかの条件が満たされることが判断基準となります。

①両耳の平均純音聴力レベルが90db以上のもの
②両耳の平均純音聴力レベルが80db以上であり、かつ最高明瞭度が30%以下のもの

後遺障害等級第4級4号/5号

左右どちらか片方の腕が、肩甲骨と上腕骨で離断した場合、肩関節から肘関節の間で失われた場合、肘関節で上腕骨と橈骨・尺骨が離断した場合、4級4号に認定されます。

また、左右どちらか片方の足が、寛骨と大腿骨を離断した場合、股関節の付け根から膝関節の上の間で失われた場合、膝関節で大腿骨と下腿骨とを離断した場合、4級5号に認定されます。
失われたのが利き腕かどうか、利き足かどうかは問われないことに注意が必要です。

後遺障害等級第4級6号

両手の手指の全部の用を廃したとは、指を切断して失った場合だけでなく、神経を切断したことですべての指が動かなくなった、使えなくなった場合も該当します。

なお、麻痺の基準としては、親指は第一関節から根元、他の指は第二関節から根元の可動域が2分の1以下になった場合に4級6号が認定されます。

両手の場合は4級6号ですが、片手のみの場合は7級7号が認定されます。

後遺障害等級第4級7号

両足をリスフラン関節以上で失った場合に4級7号が認定されます。

リスフラン関節とは医学用語で、足の甲の中間あたりにある関節で、ここから上の部分を失った場合、両足であれば4級7号、片足のみの場合は7級8号が認定されます。

慰謝料が増額した判例①【後遺障害等級4級】

名古屋地裁 平成20年6月25日判決(自動車保険ジャーナル・第1761号・5)

平成16年4月、自転車で横断歩道を横断していた女性(年齢不詳)が左折してきた大型貨物車に衝突され、左下肢挫滅、多発性解放骨折による左下肢切断。

左下肢喪失により後遺障害等級4級5号、右大腿の採皮痕に関し後遺障害等級14級5号、これらを併合して後遺障害等級併合4級と認定されました。

弁護士が慰謝料増額を主張し、慰謝料の裁判基準額1,670万円のところ、1,750万円に増額。
損害賠償金は合計で3,370万8,078円となりました。

慰謝料が増額した判例②【後遺障害等級4級】

札幌地裁 平成21年10月20日判決(自動車保険ジャーナル・第1819号・99)

平成17年5月、加害者が運転する乗用車の後部座席で被害者(19歳)が眠っていたところ、加害者が運転を誤りガードレールに衝突し、脳挫傷、頭蓋骨骨折、外傷性硬膜下血腫、左腓骨骨折(開放骨折)の傷害を負いました。

被害者は、左上下肢の片麻痺、高次脳機能障害(自発性の低下、知能低下、遂行機能低下、記憶力低下、人格変化など)、てんかん、腓骨神経麻痺に関し後遺障害等級5級2号、視野欠損に関し後遺障害等級9級3号、これらを併合して後遺障害等級併合4級に認定されました。

弁護士が慰謝料増額を主張し、慰謝料の裁判基準額1,670万円のところ、1,840万円に増額。
損害賠償金は合計で1億4,216万5,340円となりました。

後遺障害等級4級 まとめ

労働能力喪失率に関して多いのは、加害者側から、自賠責等級よりも低い労働能力喪失率であると主張される場合です。
その場合、労働能力喪失率について最終的には訴訟で争われることになります。

しかし、まず大切なことは、後遺障害等級4級というのが正しい等級なのかどうか検証・確認をすること。

医証の不足などにより、誤った等級が認定されている場合があるからです。

誤った等級が認定されたまま示談交渉をすると、賠償額が1000万円単位で違ってくることもあるので注意が必要です。

これは、弁護士でないと、なかなか判断できません。

まず等級が正しいかどうか弁護士に確認し、正しいとなったら示談交渉を開始します。

交通事故の被害者の方は、ケガにより負った自分の障害の状況が自賠責等級よりも重いと思ったら、遠慮することなく積極的に高い労働能力喪失率を主張・立証していくことが重要です。

その際、相当の知識が必要となりますので、示談交渉の際は、弁護士に相談されることをおすすめします。

当事務所では交通事故の被害者の後遺障害等級の確認作業も含め、豊富な事例をもとに、後遺障害等級4級に認定された事案について、無料相談を受け付けています。

今すぐご相談ください。

なお、後遺障害等級4級以外の方でも以下の場合には、無料相談を受け付けていますので、
お気軽にご相談ください。