交通事故で任意一括払制度というものがあると聞いたのですが、どのような制度ですか?

最終更新日 2015年 09月29日
執筆:みらい総合法律事務所 弁護士 谷原誠

交通事故における任意一括払制度について、弁護士が解説します。

任意一括払制度とは、交通事故において、任意保険会社が、任意保険会社の負担分の損害賠償額と、本来自賠責保険で支払われるべき損害額を、併せて被害者に一括して支払うサービスです。

たとえば、自賠責保険及び任意保険に加入している自動車で交通事故を起こし、被害者を負傷させ、その損害賠償額が300万円である場合、傷害の場合の自賠責保険金の限度額は120円ですので、被害者は、120万円を自賠責保険に請求し、残りの180万円を任意保険に請求しなければなりません。

しかし、それでは交通事故の被害者に手間がかかりますので、任意保険会社が、交通事故の損害賠償金300万円を一括で被害者に支払い、自賠責保険金の120万円については、任意保険会社から自賠責保険会社に対して求償をして支払ってもらうという方法をとる、ということです。こうすることで、被害者の手間が省けますので、交通事故の処理では一般的に行われています。交通事故で受傷した場合、加害者側の任意保険会社の担当者から連絡がきて、治療費や休業損害の支払い、示談交渉などの対応を行うのは、この任意一括制度に基づいているわけです。

任意保険会社が一括払いを行う場合、その後自賠責保険にその負担分を求償することになりますが、もし自賠責保険の支払対象とならない部分まで支払ってしまうと、任意保険会社が損をすることになってしまいます。そこで、その損害が自賠責保険の支払対象になるかどうか、後遺障害の程度(等級)等を自賠責保険に事前に確認しておくことが必要になります。これを事前認定といいます。

以上、交通事故における任意一括払制度に関し、弁護士が解説しました。

任意一括払で争いが生じた時は、弁護士にご相談ください。

「交通事故の被害者が弁護士に相談すべき7つの理由と2つの注意点」は、こちらです。
交通事故弁護士