通勤中の交通事故ですが、労災保険と自賠責保険の関係はどのようになっていますか?<弁護士が解説>


交通事故における労災保険と自賠責保険の関係について、弁護士が解説します。

業務中や通勤中に交通事故に遭った場合には、労災保険を使うことができます。

一方、自賠責保険は、自動車を運行する場合は必ず加入しなければならない強制保険ですので、業務・通勤中の交通事故に遭った場合でももちろん使うことができます。

ただし、労災保険と自賠責保険について、同じ損害項目について、両方から二重に支払いを受けることはできません。どちらか一方から支払いを受けたら、その分は控除されます。

労災保険と自賠責保険について、どちらを優先させるかについて法律の規定はありませんが、労災保険を管轄する厚生労働省から

「労災保険の給付と自賠責保険の損害賠償額の支払との先後の調整については、給付事務の円滑化をはかるため、原則として自賠責保険の支払を労災保険の給付に先行させるよう取り扱うこと」(昭和41年12月16日基発1305号)

という通達が出ています。

ただし、通達ですので、労働者に対する強制力はありません。

したがって、労働者は、どちらの保険を優先させるのかを自由に決定することができます。

ただし、労災保険の適用がある場合には、健康保険が使えませんので、通常の場合は労災保険を優先させた方がよいでしょう。

また、以下の事情がある場合には、労災保険を優先させた方が有利になる場合があります。

・自分の過失が大きい場合

交通事故に関して自分の過失が大きい場合や、過失割合について相手方と争いになっていてどうなるかわからないような場合、自賠責保険では、過失割合が7割以上の者に対しては5割~2割の範囲で損害賠償額が減額されてしまうのに対し(重過失減額といいます)、労災保険には過失割合による減額はありません。

・交通事故の加害者が無保険(自賠責保険に加入していない)の場合または自賠責保険しか加入していない場合

交通事故の加害者が無保険の場合は自賠責保険は使えませんので選択肢はありませんが、自賠責保険には加入しているけれども任意保険に加入していない場合も、労災保険を優先させた方がいい場合があります。

労災保険には慰謝料がありませんので、自賠責保険を優先させて傷害部分の限度額120万円を治療費で使い切ってしまった場合、慰謝料がもらえなくなってしまう場合があります。

このとき、労災保険を優先させて治療を行い、労災保険から自賠責保険への求償が行われる前に自賠責保険に請求すれば、自賠責保険から慰謝料を回収することができる場合があります。

また、治療費の額についても、労災保険の診療報酬単価が1点12円なのに対し、自賠責保険の場合は自由診療扱いになりますので、診療報酬単価は1点20円~30円などと労災保険より高額になり、上限の120万円をすぐに使い切ってしまうことも考えられます。

したがって、相手方が任意保険に加入していないには、労災保険で治療を行った方がいいでしょう。

なお、後遺障害がある場合についてですが、後遺障害の審査については、労災保険と自賠責保険で、別々に審査されることになります。

同じ基準で審査されているのですが、労災保険に比べて自賠責保険の後遺障害等級の方が低く認定されることが多い傾向にあります。

以上、交通事故において、労災保険と自賠責保険の関係がどうなるか、について、弁護士が解説しました。

労災においても自賠責においても後遺障害で争いになった時は、弁護士にご相談ください。