後遺障害と死亡事故に特化。交通事故賠償に詳しい弁護士が解説。

弁護士費用

交通事故の面談相談は、何度でも無料です。安心してご相談ください。
弁護士に通常必要となる費用は、①着手金、②報酬、③実費、になります。

1.着手金について

着手金は0円です。
ただし、被害者等の任意保険に「弁護士費用特約」がある場合には、その範囲内で(依頼者にご負担がない範囲内で)着手金が発生する場合があります。依頼者のご負担は0円です。

2.報酬について

弁護士報酬については、以下の2種類になります。

  1. 被害者の獲得金額(自賠責含む)の10%(消費税別途) 訴訟をして、判決が出る場合には、通常賠償金額の10%程度の弁護士費用が賠償額に上乗せされますので、弁護士費用を加害者にある程度負担させられる場合があります。 「獲得金額」は、「増額した金額」ではなく、「実際に獲得した金額」となります。 例えば、交通事故の加害者に対し、1,000万円を請求し、賠償金として1,000万円獲得した場合には、108万円が報酬となります。
  2. 上記の基準では受任できない場合 予想される獲得金額が低いために受任できない場合がありますが、事案により、異なる報酬体系を取った上で受任できる場合があります。
  3. 弁護士費用特約がある場合 保険会社と協議の上、別途報酬を取り決める場合があります。

3.実費について

示談交渉の場合には出張がある場合を除き、通常はかかりません。実費は主に訴訟提起の場合の印紙代や郵便切手、刑事記録の謄写代等です。
(下の表をご参照ください)
印紙代の資金もない場合には、自賠責保険への被害者請求をすれば、ある程度の資金を確保できますので、その後で訴訟提起をすれば、資金的には大丈夫でしょう。

訴訟提起の印紙代の目安
訴訟提起の金額 印紙代
1,000万円 6万円程度
3,000万円 12万円程度
5,000万円 18万円程度
1億円 33万円程度
無料相談対象(取扱事案)について
知らないと損する必須知識
  • 後遺症編
  • 死亡事故編