交通事故の加害者の車がレンタカーの場合、レンタカー業者にも損害を賠償してもらうことができますか?

最終更新日 2015年 09月30日
執筆:みらい総合法律事務所 弁護士 谷原誠

レンタカーの交通事故の場合のレンタカー会社の責任について、弁護士が解説します。

自動車損害賠償保障法3条は、「自己のために自動車を運行の用に供する者は、その運行によって他人の生命又は身体を害したときは、これによって生じた損害を賠償する責に任ずる」として、運行供用者責任を規定しています。

運行供用者とは、「自己のために自動車を運行の用に供する者」のことで、自動車の使用についての支配権を有し、かつ、その使用により享受する利益が自己に帰属する者のことです。レンタカー業者にこの運行供用者責任が発生するかについては、レンタカー業者が運行供用者に該当するかどうかが問題となります。

この点、レンタカーを借りる際は、レンタカー業者が、利用申込者に対し、運転免許証などの確認や利用資格の有無を審査し、使用期間は一般的に短期間で、料金も安くはなく、利用申込者が、予定利用時間、走行区域、返却場所等を遵守する義務を負うなどの関係があることから、レンタカー業者に自動車の支配権と使用による利益の帰属が認められ、レンタカーの交通事故の場合に、レンタカー業者にも運行供用者としての責任が発生すると考えられます。

ただし、返却期限を大幅に過ぎており、レンタカー業者が何度も返却を催促し、警察にも連絡していた等の事情がある場合に、借主の起こした交通事故については、もはやレンタカー業者の支配権と使用による利益の帰属が認められないため、運行供用者責任を否定した裁判例もあります。

以上、レンタカーによる交通事故の場合にレンタカー会社が責任を負うか、について、弁護士が解説しました。

レンタカーの交通事故で争いになった時は、弁護士にご相談ください。

「交通事故の被害者が弁護士に相談すべき7つの理由と2つの注意点」は、こちらです。
交通事故弁護士