後遺障害等級8級の内容とは?<弁護士が解説>


交通事故の後遺障害等級8級について、弁護士が解説します。

交通事故の後遺障害等級8級は、脊柱や手足の関節への傷害による変形障害や運動障害、眼や指などの障害によって10の分類がされ、労働能力喪失率は45%になっています。

交通事故の後遺障害等級は1級から14級まであり、自分の障害がどの等級に該当するかについて、理解しておく必要があります。

一つ等級が違うだけで、賠償額が数百万円、場合によっては数千万円も違ってくるからです。

難しければ、弁護士に相談しましょう。

後遺障害等級8級は、以下のとおりです。

後遺障害の等級及び限度額

【自賠法別表第2】 後遺障害等級第8級

介護を要する後遺障害 保険金(共済金)額
1.一眼が失明し、又は一眼の視力が0.02以下になったもの
2.脊柱に運動障害を残すもの
3.一手のおや指を含み二の手指を失つたもの又はおや指以外の三の手指を失ったもの
4.一手のおや指を含み三の手指の用を廃したもの又はおや指以外の四の手指の用を廃したもの
5.一下肢を5センチメートル以上短縮したもの
6.一上肢の三大関節中の一関節の用を廃したもの
7.一下肢の三大関節中の一関節の用を廃したもの
8.一上肢に偽関節を残すもの
819万円

後遺障害等級第8級1号

交通事故による傷害で片目を失明するか、矯正視力で0.02以下になってしまった場合が該当します。

8級1号は片方の眼の障害であり、もう片方の眼は事故による傷害の影響はなく正常であることに注意が必要です。

なお、障害が残った眼が左眼か右眼かという区別はありません。

後遺障害等級第8級2号

脊柱が変形して運動機能に障害を残すものの中で、もっとも重い障害は6級5号ですが、それよりも症状が軽いものが8級2号に認定されます。

脊柱とは、いわゆる背骨のことで、これを構成する一つひとつの骨を脊椎といいます。
脊柱は7つの頸椎、12の胸椎、5つの腰椎、仙椎、尾椎の計26個の椎骨から成り立っています。

これらの骨が変形して神経を圧迫することで麻痺などの運動障害が起こります。

8級2号の認定基準は次の通りです。
①頸部、胸腰部の可動域が2分の1になった状態のもの
②頭蓋骨から頸部、さらに胸腰部の背骨にかけて著しい異常可動性があるもの

みらい総合法律事務所の増額事例①【後遺障害等級8級】

31歳の男性が交通事故で腰椎圧迫骨折の傷害を負い、脊柱運動障害が残ってしまったため、後遺障害等級は8級2号が認定されました。

加害者側の保険会社は、被害者に対し示談金として、898万5,960円を提示。
当事務所の弁護士が受任した結果、最終的に約3,500万円で解決しました。

保険会社提示額から、約3.9倍に増額したことになります。

みらい総合法律事務所の増額事例②【後遺障害等級8級】

10歳の男子が交通事故で脊柱圧迫骨折の傷害を負い、脊柱変形の障害が残ってしまったため、後遺障害等級は8級が認定されました。

加害者側の保険会社は、被害者に対し示談金として、852万1,330円を提示。
当事務所の弁護士が受任した結果、最終的に約2,100万円で解決しました。

保険会社提示額から、約2.5倍に増額したことになります。

後遺障害等級8級3号/4号

8級に該当する障害の中で指に関係するものが3号と4号になります。

片手の親指を含む2本の指を失うか、親指以外で3本の指を失った場合、第8級3号が認定されます。

また、片手の親指を含む3本の指、あるいは親指以外の4本の指の機能を失った場合は8級4号が認定されます。

後遺障害等級第8級5号

交通事故による傷害のために片方の足の長さが5cm以上短縮してしまった場合は8級5号が認定されます。

短縮障害は下肢(足)だけに認められるもので、上肢(腕)には認められません。

後遺障害等級8級6号/7号

上肢(腕)の三大関節とは、「肩」・「肘」・「手首」です。
骨折などにより、このうちの1つの関節機能を失い動かなくなってしまった場合、あるいは神経麻痺のために自分では動かせなくなってしまった場合、8級6号が認定されます。

下肢(足)の三大関節とは、「股関節」・「膝」・「足首」です。
骨折などにより、このうちの1つの関節機能を失い動かなくなってしまった場合、あるいは神経麻痺のために自分では動かせなくなってしまった場合、8級7号が認定されます。

要件は次の2点です。
①関節が強直したもの
②完全弛緩性麻痺またはこれに近い状態になったもの

みらい総合法律事務所の増額事例③【後遺障害等級8級】

25歳の女性が交通事故で脳挫傷等の傷害を負い、高次脳機能障害等が残ってしまいました。
後遺障害等級の申請をしたところ、高次脳機能障害で9級、股関節機能障害で12級、併せて後遺障害等級併合8級が認定されました。

加害者側の保険会社は大幅な過失割合を主張してきたため、被害者は自力では解決困難と判断し当事務所に相談。
弁護士が受任した結果、最終的に約2,000万円を獲得することができました。

後遺障害等級8級8号/9号

片方の腕に偽関節を残し、運動障害がある場合が8級8号、片方の足に偽関節を残し、運動障害がある場合が8級9号に認定されます。

偽関節とは、骨折が治癒していく過程で正常に骨がつかずに、その部分があたかも関節のように動く状態になってしまい、正常に手足を動かすことができなくなっていることをいいます。

日常生活や仕事などに著しい障害が残った場合は、手足それぞれで7級9号・10号が認定されますが、補装具を装着すればできる場合は、それぞれ8級8号・9号が該当します。

なお、骨折箇所は、肩関節から手首までの間、股関節から足首の間の関節以外であれば、どの部位であっても該当します。

後遺障害等級8級10号

片方の足のすべての指を失った場合、第8級10号に認定されます。

こちらの基準には、右足か左足かという区別はありません。

後遺障害等級8級 まとめ

ところで、いわゆる慰謝料には、以下のものがあります。
・入通院慰謝料
・後遺症慰謝料
・死亡慰謝料
・近親者慰謝料

入通院慰謝料とは、傷害の治療のために入通院する精神的な苦痛を慰謝するためのものです。

これに対し、後遺症慰謝料とは、後遺症が残ったときに、今後ずっと後
遺症を持ったまま生きていかなければならない精神的な苦痛を慰謝するためのものです。

保険会社から金額を提示された時、「後遺障害慰謝料」が以下の基準を満たしていないときは低すぎる基準ではないか、と疑ってください。

「慰謝料の裁判基準額」
1級 2,800万円
2級 2,370万円
3級 1,990万円
4級 1,670万円
5級 1,400万円
6級 1,180万円
7級 1,000万円
8級  830万円
9級  690万円
10級 550万円
11級 420万円
12級 290万円
13級 180万円
14級 110万円

交通事故の慰謝料の金額に疑問に感じる場合などは、弁護士に相談することをおすすめします。

当事務所では等級の確認作業も含め、豊富な交通事故の事例をもとに、後遺障害等級8級に認定された事案について、無料相談を受け付けています。

今すぐご相談ください。

なお、後遺障害等級8級以外の方でも以下の場合には、無料相談を受け付けていますので、お気軽にご相談ください。