交通事故で、高次脳機能障害、嗅覚障害、味覚障害、これらを併合して後遺障害等級併合4級に認定された事案

交通事故で、高次脳機能障害等の後遺症が残った事案で、慰謝料を増額した判例を弁護士が解説します。

【交通事故の判決】

京都地裁 平成17年12月15日判決(自動車保険ジャーナル・第1632号・5)

【死亡・後遺障害等級】
後遺障害等級併合4級

【損害額合計】
958,880,878円

【慰謝料額】
合計19,000,000円
後遺症慰謝料の本人分として、17,000,000円
近親者(被害者の妻)に、2,000,000円

【交通事故の概要】
平成14年2月18日午後7時35分ころ、滋賀県大津市内の幹線道路の交差点の横断歩道を被害者が歩行横断中、左折してきた加害者の大型バスに衝突した。被害者は、左頭頂骨骨折、脳挫傷、急性硬膜下血腫、外傷性クモ膜下出血、急性硬膜外血腫、外傷性てんかん、頸椎椎間板ヘルニア、聴力障害等の傷害を負い、平成15年6月19日に症状固定した。被害者には、記憶障害、記銘力障害、地誌的障害、遂行機能障害、注意障害、情動・人格障害等の高次脳機能障害、及び嗅覚障害、味覚障害の症状が残り、高次脳機能障害について5級2号、嗅覚障害について12級相当、味覚障害について12級相当、これらを併合して後遺障害等級併合4級に認定された。
被害者は、交通事故当時43歳の男性で、デザインの嘱託社員である。
原告は、被害者、被害者の妻である。
被害者らが弁護士に依頼し、弁護士が被害者らを代理して訴訟提起した。

【判例要旨】

(裁判基準額 16,700,000円)

本件交通事故では、以下の事情から、合計で、19,000,000円の後遺症慰謝料を認めた。

・被害者は、高次脳機能障害の後遺障害を負い、高次脳機能障害の特性である易怒性のため、見知らぬ人を突き飛ばしたり、怒鳴りつけたりするなどすることもあり、病識の欠如のために自己矯正も困難な状況にあるため、被害者の妻は、人格が大きく変化した被害者の介助を強いられ、相当な精神的負担を負う状況に置かれていること。

以上、43歳男性が交通事故により高次脳機能障害等の後遺症で後遺障害等級併合4級が認定された事案を弁護士が解説しました。

交通事故で高次脳機能障害で争いになった時は、弁護士にご相談ください。

「交通事故の被害者が弁護士に相談すべき7つの理由と2つの注意点」は、こちらです。
交通事故弁護士