後遺障害等級12級とは、どのような障害か?
<弁護士が解説>


交通事故の後遺障害等級12級について、弁護士が解説します。

交通事故の後遺障害等級12級は、眼や耳、歯、指などの障害の他、関節や骨に関する障害など、全部で14に分類され、労働能力喪失率は14%に設定されています。

この等級では、後遺障害等級認定の判断が難しい症状が多いことも特徴です。

たとえば、「むち打ち症」では重い症状が残った場合は12級13号、軽い場合は14級9号に認定されますが、言葉上では神経症状が「頑固なもの」かどうかの違いだけで等級が変わってしまうのです。

また、むち打ち症では本人に痛みや麻痺、しびれなどの自覚症状があるものの、単純に医学的証明ができないケースもあります。

そのため、レントゲンやCT、MRIなどの画像診断や神経学的検査を実施することも必要です。

後遺障害の等級及び限度額

【自賠法別表第2】 後遺障害等級第12級

介護を要する後遺障害 保険金
(共済金)
1.一眼の眼球に著しい調節機能障害又は運動障害を残すもの
2.一眼のまぶたに著しい運動障害を残すもの
3.七歯以上に対し歯科補綴を加えたもの
4.一耳の耳殻の大部分を欠損したもの
5.鎖骨、胸骨、ろく骨、けんこう骨又は骨盤骨に著しい変形を残すもの
6.一上肢の三大関節中の一関節の機能に障害を残すもの
7.一下肢の三大関節中の一関節の機能に障害を残すもの
8.長管骨に変形を残すもの
9.一手のこ指を失ったもの
10.一手のひとさし指、なか指又はくすり指の用を廃したもの
11.一足の第二の足指を失ったもの第二の足指を含み二の足指を失ったもの又は第三の足指以下の三の足指を失ったもの
12.一足の第一の足指又は他の四の足指の用を廃したもの
13.局部に頑固な神経症状を残すもの
14.外貌に醜状を残すもの
224万円

後遺障害等級第12級1号

片方の眼の眼球に著しい調節機能障害や運動障害を残した場合、12級1号に認定されます。

この場合、視力の低下ではないことに注意が必要です。

眼球の調節機能とは、水晶体がピントを合わせる機能のことで、具体的には次のような障害が該当します。

<調節機能障害>
遠くや近くなどを見て眼のピントを合わせる機能が、健康時の2分の1以下になった場合。

<運動障害>

注視野(頭部を固定した状態で眼球の動きのみで見える範囲)が2分の1以下になった場合。

なお、年齢によって「2分の1」の範囲は変わっていくため、専門医の検査をしっかり受けることが重要です。

後遺障害等級第12級2号

交通事故により、片方のまぶたに著しい運動障害が残った場合、12級2号が認定されます。

まぶたの動きとしては、開ける、閉じる、瞬きの3つがあります。

顔面や側頭部などへの衝撃による視神経や外眼筋等の損傷のために、これらの動きができにくくなる症状が問題となってきます。

具体的には、まぶたを開けているつもりでも十分に開かずに瞳孔(瞳の中心部分)が隠れたままの状態(眼瞼下垂)や、まぶたを閉じているにも関わらず角膜を完全に覆うことができない状態(兎眼)、瞬きが上手にできないなどの運動障害が片方のまぶたに残った場合が12級2号に該当します。

後遺障害等級第12級3号

交通事故による傷害で、7本以上の歯を失ったり、著しい損傷を受けたために「歯科補綴(しかほてつ)」をした場合に12級3号が認定されます。

人間の永久歯は、上下それぞれ14本ずつの計28本ありますが、そのうちの4分の1以上に障害が残った状態ということになります。

歯科補綴とは、差し歯や入れ歯、クラウン、ブリッジ、インプラントなどで欠損した歯の機能や見た目を治療することで、こうした歯科補綴を施した歯に対して等級が認定されることになります。

なお、14本以上の歯を失ったり、著しい損傷を受けたために歯科補綴をした場合には10級4号が、10以上の場合は11級4号が認定されます。

後遺障害等級第12級4号

交通事故による傷害で、耳殻(じかく)を半分以上失った場合、12級3号が認定されます。

耳殻とは、耳のうち、外側に張り出している部分全体のことをいい、一般的に耳と呼んでいる部分のことをいいます。

主に軟骨と皮膚からなり、音を集めたり、音源方向の特定をしたりという機能を持っています。

耳殻を失うと音が聴き取りにくくなりますが、一定期間が経つと慣れもあり聴力には大きな影響を及ぼさないとされます。

そのため、耳殻の欠損は外見の問題である外貌醜状の障害が適用されるケースも多く、その場合は7級12号が該当します。

後遺障害等級第12級5号

交通事故により、鎖骨や胸骨、肋骨、肩甲骨、骨盤骨などに変形障害が残った場合、12級5号が認定されます。

これは、骨折部分が治癒する過程で変形してしまったケースが該当しますが、裸になった時に外側から見て骨が変形していることがわかれば適用されるものです。

なお、12級5号の場合は骨の変形であっても日常生活を普通に過ごすことができる状態であって、変形のために運動能力に後遺症が残った場合には等級が変わってくることに注意が必要です。

みらい総合法律事務所の増額事例①【後遺障害等級12級】

44歳の男性が交通事故で右鎖骨骨折などの傷害を負い、鎖骨変形の後遺症が残ったために、後遺障害等級12級5号が認定されました。

加害者側の保険会社は、被害者に対し示談金として、52万6,153円を提示。

当事務所の弁護士が受任した結果、最終的に約800万円で解決しました。

保険会社提示額から、なんと約15倍に増額したことになります。

後遺障害等級第12級6号/7号

片方の腕の三大関節のうち、1つの関節に障害が残った場合、12級6号に認定されます。

上肢(腕)の三大関節とは、「肩」・「肘」・「手首」です。

骨折などにより、このうちの1つの関節機能に障害が残り、動く範囲が健康な時の4分の3以下になってしまった状態が該当します。

また、関節がすぐに脱臼してしまったり(習慣性脱臼)、関節の治癒が不完全なために普通とは違う方向に動いてしまう(動揺関節)ため、ときどき補装具を装着する必要がある場合なども該当します。

また、片方の足の三大関節のうち、1つの関節に障害が残った場合は12級7号に認定されます。

下肢(足)の三大関節とは、「股関節」・「膝」・「足首」です。

骨折などにより、このうちの1つの関節機能に障害が残り、可動域が健康な時の4分の3以下になってしまった状態や、上記の腕の場合と同じ症状があれば12級7号が該当します。

なお、障害が残ったのが右腕か左腕か、右足か左足かには区別はありません。

みらい総合法律事務所の増額事例②【後遺障害等級12級】

25歳の男性が交通事故で左尺骨骨折、左橈骨遠位端不全骨折などの傷害を負い、左手関節の機能障害の後遺症が残ったために、後遺障害等級12級6号が認定されました。

加害者側の保険会社は、被害者に対し示談金として、80万3,528円を提示。

当事務所の弁護士が受任した結果、最終的に約810万円で解決しました。

保険会社提示額から、約10倍に増額したことになります。

みらい総合法律事務所の増額事例③【後遺障害等級12級】

47歳の男性が交通事故で足の舟状骨を剥離骨折し、後遺障害等級12級7号が認定されました。

加害者側の保険会社は、被害者に対し示談金として、400万円を提示。

当事務所の弁護士が受任した結果、最終的に約1200万円で解決しました。

保険会社提示額から、約3倍に増額したことになります。

後遺障害等級第12級8号

交通事故による傷害で長管骨に変形が残った場合、12級8号に認定されます。

長管骨とは、腕や足を構成する細長い骨で、中が空洞の管状のためこのように呼ばれます。

腕では「上腕骨」、「橈骨(とうこつ)」・「尺骨(しゃっこつ)」、足では「大腿骨」・「腓骨(ひこつ)」・「脛骨(けいこつ)」が長管骨になります。

これらの骨の骨折が上手く治癒せずに、変形してしまったり、骨の直径が細くなってしまったり、癒着が不完全な場合などが該当しますが、日常生活には支障がないレベルと判断されます。

みらい総合法律事務所の増額事例④【後遺障害等級12級】

35歳の男性が交通事故で右尺骨骨折後に、茎状突起による長管骨変形の後遺症が残ったために、後遺障害等級12級8号が認定されました。

加害者側の保険会社は、被害者に対し示談金として、484万4,009円を提示。

当事務所の弁護士が受任した結果、最終的に約1,059万7,500円で解決しました。

保険会社提示額から、約2.2倍に増額したことになります。

後遺障害等級第12級9号/10号

片方の手の小指を失った場合には12級9号、人差し指か中指、または薬指の用を廃した場合は12級10号に認定されます。

小指を失うと握力が落ちてしまいます。

仕事によっては、物をつかむ、握るという動作に支障をきたしてしまうような状態が12級9号に該当します。

また、人差し指・中指・薬指の用を廃するとは以下のような状態が該当します。

  • 指の長さが半分以下になった場合
  • 第二関節(親指の場合は第一関節)から先の可動域が2分の1以下になった場合
  • 指先で温度や痛み、触感が感じなくなってしまった場合

これらの状態のうち、ひとつでも当てはまれば12級10号が該当します。

後遺障害等級第12級11号/12号

12級11号は、次のような場合に認定されます。

  • 片方の足の人差し指を失った場合
  • 片方の足の人差し指と、親指以外のもう1本の指を失った場合
  • 片方の足の中指と薬指、小指の3本を失った場合

また、片方の足の親指、あるいは親指以外の4本の指の用を廃した場合は12級12号が認定されます。

この場合の用を廃するとは、以下のような状態のいずれかが該当することをいいます。

  • 親指の第一関節が2分の1の長さになった場合
  • 親指以外の指が根元から第一関節の間で切断された場合
  • 親指は第一関節、それ以外の指は根元から第二関節にかけての間の可動域が2分の1以下になった場合

みらい総合法律事務所の増額事例⑤【後遺障害等級12級】

28歳の女性が、交通事故で右肩上右関節唇損傷による右肩痛のため神経症状の後遺症が残りました。

後遺障害等級の申請をしたところ、12級12号が認定されました。

加害者側の保険会社は、被害者に対し示談金として、295万2,300円を提示。

当事務所の弁護士が受任した結果、最終的に約1,550万円で解決しました。

保険会社提示額から、約5.3倍に増額したことになります。

後遺障害等級第12級13号

「局部に頑固な神経症状を残すもの」です。

典型的な症状としては、いわゆる「むち打ち」です。

以下のような症状です。

  • 運動性、支持性、巧緻性および速度についての支障がほとんど認められない程度の軽微な麻痺を残すもの
  • 運動障害は認められないものの、広範囲にわたる感覚障害が認められるもの

むち打ち症では本人に痛みや麻痺、しびれなどの自覚症状があるものの医学的に証明ができないケースが多く見られます。

そのため、レントゲンやCT、MRIなどの画像診断で神経根の圧迫所見などが認められ、また神経学的検査結果で異常所見が認められることが必要です。

また、むち打ち症は、この12級13号と14級9号が適用されますが、14級9号では、「局部に神経症状を残すもの」と規定されていることに注意が必要です。

つまり、神経症状が「頑固なもの」という言葉が入っているかどうかの違いで等級が12級から14級に変わってくるため、素人にはわかりにくく難しい部分があるのです。

単純に言うと、12級は症状が医学的に証明される場合に認定され、14級は、症状が医学的に説明できる場合に認定されます。

みらい総合法律事務所の増額事例⑥【後遺障害等級12級】

21歳の男性が交通事故で頸椎捻挫のために後遺症が残り、後遺障害等級の申請をしたところ、12級13号が認定されました。

加害者側の保険会社は加害者の過失を否定し、示談金の支払いを拒否。

当事務所の弁護士が受任した結果、最終的に加害者の過失が認められ、約1,750万円で解決しました。

後遺障害等級第12級14号

外貌に醜状を残した場合、12級14号が認定されます。

外貌とは、手足以外で普段露出している部位、つまり頭・顔・首などをいいます。

相当程度に醜い傷跡(5cm以上の傷)が残った場合は9級16号に認定されますが、12級14号では以下のような傷が残ったケースが該当します。

  • 頭にニワトリの卵よりも大きな傷跡が残った場合
  • 頭蓋骨がニワトリの卵よりも大きく欠けてしまった場合(人工骨等で補完した場合を除く)
  • 顔に10円玉よりも大きな傷跡や、3cm以上の線状の傷跡が残った場合
  • 首にニワトリの卵よりも大きな傷跡が残った場合
  • 耳殻(耳の外側に張り出している全体部分)の一部が欠けてしまった場合
  • 鼻軟骨の一部が欠けてしまった場合

なお、この等級では頭・顔・首など普段露出していない部位についても基準が定められています。

  • 両腕や両足に、手のひらの3倍以上の傷跡が残った場合
  • 胸・腹・背中・おしりなどの全面積の2分の1以上の範囲に傷跡が残った場合

ちなみに、以前は「女子の外貌」というように女性に限定されていましたが、法改正により現在は男性にも上記基準が適用されます。

後遺障害等級12級 まとめ

ところで、交通事故で後遺障害が残った場合の慰謝料については、「入通院慰謝料」「後遺症慰謝料」の2つがあります。

後遺障害等級12級の場合の後遺症慰謝料は、290万円です。

もし、すでに保険会社から示談金の提示がある時は、その内訳の中で、この「後遺症慰謝料」の部分を見てください。

その金額が、290万円より低いようであれば、それは、適正な金額ではない、ということになります。

すぐに弁護士に相談することを強くおすすめします。

当事務所では等級の確認作業も含め、豊富な事例をもとに、後遺障害等級12級に認定された事案について、無料相談を受け付けています。

ここまで読んで、「まずは、弁護士に無料相談してみよう」と思った方は、こちらから。


なお、後遺障害等級12級以外の方でも以下の場合には、無料相談を受け付けています。

お気軽にご相談ください。