後遺障害等級7級が妥当かどうかは専門的な知識が必要
<弁護士が解説>


交通事故の後遺障害等級7級について、弁護士が解説します。

交通事故における7級の後遺障害等級は、眼や耳の障害から神経系統、内臓、手足指、外貌まで細かく1号から13号まで分類されています。
労働能力喪失率は56%とされています。

この等級では該当する障害が増えてくるため、より専門的な知識が必要となってきます。

後遺障害の等級及び限度額

【自賠法別表第2】 後遺障害等級第7級

介護を要する後遺障害 保険金(共済金)額
1. 一眼が失明し、他眼の視力が0.6以下になったもの
2. 両耳の聴力が四十センチメートル以上の距離では普通の話声を解することができない程度になったもの
3. 一耳の聴力を全く失い、他耳の聴力が一メートル以上の距離では普通の話声を解することができない程度になったもの
4. 神経系統の機能又は精神に障害を残し、軽易な労務以外の労務に服することができないもの
5. 胸腹部臓器の機能に障害を残し、軽易な労務以外の労務に服することができないもの
6. 一手のおや指を含み三の手指を失つたもの又はおや指以外の四の手指を失ったもの
7. 一手の五の手指又はおや指を含み四の手指の用を廃したもの
8. 一足をリスフラン関節以上で失ったもの
9. 一上肢に偽関節を残し、著しい運動障害を残すもの
10. 一下肢に偽関節を残し、著しい運動障害を残すもの
1,051万円

後遺障害等級第7級1号

片方の眼が失明し、もう片方の眼の視力が0.6以下になった場合に認定されます。
ここでも視力は裸眼ではなく、眼鏡やコンタクトレンズなどでの矯正視力で判定されます。

後遺障害等級第7級2号/3号

後遺障害等級第7級の2号と3号は聴力に関する分類となります。

交通事故による傷害によって両耳の聴力が低下した状態が7級2号に該当します。

認定の際には、単純な音が聴き取れるか(純音)、言葉を言葉として聴き取れるか(明瞭度)の2種類の検査を行います。

その結果、「40cm以上の距離では普通の話声を解することができない程度」と判断されると該当します。

7級3号の場合は、片耳の聴力を完全に失い、もう片方の耳の聴力が「1m以上離れた距離では普通の話し声が理解できない」と判断されると、該当します。

後遺障害等級第7級4号/5号

軽易な労務以外の労務ができなくなってしまった原因が、脳や神経の障害の場合は7級4号、胸腹部の内臓などのケガによる障害の場合は7級5号が認定されます。

これは、一応労働することはできるものの、労働能力に支障が生じたため、簡単な労働しかできない状態です。

たとえば、7級4号の場合は、高次脳機能障害や外傷性てんかん、脊髄損傷等による手足の中等度の麻痺などにより、一般就労を維持できるが、作業の手順が悪い、約束を忘れる、ミスが多いなどのことから一般人と同等の作業を行うことができないもの、とされています。

呼吸器や心臓、消化器、泌尿器、生殖器など障害の場合は7級5号に該当します。

みらい総合法律事務所の増額事例①【後遺障害等級7級】

24歳の女性が交通事故で脳挫傷の傷害を負い、高次脳機能障害が残り、後遺障害等級は7級が認定されました。

加害者側の保険会社は、被害者に対し示談金として2,794万9,772円を提示。
当事務所の弁護士が受任した結果、最終的に約4,000万円で解決しました。

保険会社提示額から、約1.4倍に増額したことになります。

後遺障害等級第7級6号/7号

片手の親指を含めた3本の指を失った場合、あるいは親指以外の4本の指すべてを失った場合、7級6号が認定されます。

一方、片手のすべての指、あるいは親指を含めた4本の指の機能を失った場合は7級7号が認定されます。
この場合、指の切断ではなく、麻痺などによって動かなくなってしまった場合が該当します。

なお、6号、7号ともに、指を失った手が利き手かどうかは関係ありません。

後遺障害等級第7級8号

片方の足をリスフラン関節以上で失った場合に7級8号が認定されます。

リスフラン関節とは医学用語で、足の甲の中間あたりにある関節で、ここから上の部分を失った状態が該当します。

後遺障害等級7級9号/10号

片方の腕に偽関節を残し、著しい運動障害が残った場合が7級9号、片方の足に偽関節を残し、著しい運動障害が残った場合が7級10号に認定されます。

偽関節とは、骨折が治癒していく過程で正常に骨がつかずに、その部分があたかも関節のように動く状態になってしまい、正常に手足を動かすことができなくなっていることをいいます。

骨折箇所は、肩関節から手首までの間、股関節から足首の間の関節以外であれば、どの部位であっても該当します

後遺障害等級7級11号

両足の指すべての機能を失った場合、7級11号に認定されます。

具体的な障害としては以下のものがあげられます。
①両足の親指の第1関節(末節骨)の長さの2分の1以上を失ったもの
②両足の親指をのぞく4本の指すべてが、第1関節から第2関節(中節骨)の間で切断したもの
③両足の指が切断されなくても、親指をのぞくすべての指を動かせる可動域が2分の1以下になってしまったもの

後遺障害等級7級12号

外貌に著しい醜状を残した場合、7級12号に認定されます。

外貌とは、手足以外で普段露出している部位、つまり頭・顔・首などをいいます。

では、醜い傷跡というのはどういうものかというと次のものが該当します。
①頭部に残った手のひら以上の大きさの傷、または頭蓋骨に残った欠損
(指は含まない掌の大きさのことで、個人差があるため通常は被害者の掌のサイズとするのが慣例)
②顔に残ったニワトリの卵以上の大きさの傷跡、または10円玉以上の大きさの窪み
③首に残った手のひら以上の大きさの傷跡
④耳の軟骨部分が2分の1以上欠けてしまったもの
⑤鼻の軟骨すべて、または大部分が欠損してしまったもの

ちなみに、以前は「女子の外貌」というように女性に限定されていましたが、法改正により現在は男性にも上記基準が適用されます。

慰謝料が増額した判例①【後遺障害等級7級】

長崎地裁 平成17年10月28日判決(交通事故民事裁判例集38巻・5号・1493頁)

平成7年11月、交差点を自転車で横断中の女性(当時22歳)が右折してきた普通乗用車に衝突される交通事故にあい、左下腿骨折、顔面外傷後瘢痕、知覚異常などの傷害を負い、左下腿の神経症状により後遺障害等級14級10号、顔面外傷後瘢痕について外貌醜状により7級12号などを併合して後遺障害等級併合7級と認定されました。

慰謝料の裁判基準額1,000万円のところ、1,100万円に増額。
損害賠償金は合計で4,836万9,701円となりました。

後遺障害等級7級13号

両側の睾丸を失ったもの、となっていますが、7級13号についても男女ともに適用されます。

具体的には以下のものが該当します。
①両側の睾丸を失ったもの
②両側の卵巣を失ったもの
③常態として精液中に精子が存在しないもの
④常態として卵子が形成されないもの

常態とは、一時的なものではなく、普段の状態のことを意味します。

後遺障害等級7級 まとめ

ところで、交通事故の損害賠償の対象となる損害には、財産的損害と精神的損害がありますが、このうち、精神的損害が慰謝料のことです。

慰謝料とは、精神的に被った苦痛のことですから、本来は事案ごと、人によって苦痛の大きさは異なるはずです。
しかし、心の中は見ることができないため、慰謝料には概ね相場があります。

しかし、時と場合により、相場的な慰謝料基準を上回る判決がなされることがありますので、被害者と家族はあきらめずに請求していくことが大切です。

当事務所では等級の確認作業も含め、豊富な事例をもとに、後遺障害等級7級に認定された事案について、無料相談を受け付けています。

以上、交通事故における後遺障害等級7級について、弁護士が解説しました。

今すぐ弁護士にご相談ください。

なお、後遺障害等級7級以外の方でも以下の場合には、無料相談を受け付けていますので、
お気軽にご相談ください。