後遺障害等級5級は、等級が誤りの可能性があります!
<弁護士が解説>


交通事故の後遺障害等級5級の内容と後遺症慰謝料について、弁護士が解説します。

交通事故における後遺障害等級5級は、以下のような内容となっています。

後遺障害の等級及び限度額

【自賠法別表第2】 後遺障害等級第5級

介護を要する後遺障害 保険金(共済金)額
1. 一眼が失明し、他眼の視力が0.1以下になったもの
2. 神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、
特に軽易な労務以外の労務に服することができないもの
3. 胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、
特に軽易な労務以外の労務に服することができないもの
4. 一上肢を手関節以上で失ったもの
5. 一下肢を足関節以上で失ったもの
6. 一上肢の用を全廃したもの
7. 一下肢の用を全廃したもの
8. 両足の足指の全部を失ったもの
1,574万円

後遺障害等級第5級1号

片方の眼を完全に失明してしまい、もう片方の眼が矯正視力で0.1以下になった場合、5級1号に認定されます。

後遺障害等級第5級2号

脳や神経の障害によって、特に簡単な労務以外の労務ができなくなってしまった状態です。

労働能力喪失率は79%で、健康な人のほぼ4分の1程度の労働能力と判断されますが、できる仕事もかなり限定されるため、職場復帰はなかなか難しい状況です。

また、できる仕事において、量やスピード、正確性などについて、わかりやすく数値化できるものでもないため、判断の違いによっては、のちのち損害賠償金に大きな差が出てしまいます。

そのため、後遺障害認定に必要な「後遺障害診断書」を作成する医師とはコミュニケーションをしっかりとり、等級を低く判断されないようにすることも大切です。

みらい総合法律事務所の増額事例①【後遺障害等級5級】

18歳の男子が交通事故に遭い、後遺障害等級5級が認定されました。

加害者側の保険会社は、賠償金として3,100万円を提示。
不服に思った被害者側が、みらい総合法律事務所の無料相談を利用したところ、弁護士が増額できると判断し、当事務所が受任した結果、最終的に約7,800万円で解決しました。

保険会社提示額から、約2.5倍に増額となりました

みらい総合法律事務所の増額事例②【後遺障害等級5級】

22歳の男性が交通事故で脳挫傷の傷害を負い、高次脳機能障害が残ってしまったため、後遺障害等級は5級2号が認定されました。

加害者側の保険会社は、保険会社が支出した治療費が多額であったこと、被害者の過失割合が大きいことから、すでに支払い済みの賠償金に上乗せできる示談金として、100万円を提示。
そこで、当事務所が受任した結果、最終的に約600万円解決しました。

保険会社提示額から、約6倍に増額したことになります。

後遺障害等級第5級3号

胸腹部の内臓などへのケガにより障害を負ったことで、特に簡単な労務以外の労務ができなくなってしまった状態です。

5級3号に該当する内臓への障害で、もっとも多いのが泌尿器系の後遺障害です。
交通事故により尿道や膀胱、肛門などへのダメージを受けたことで、尿失禁の症状が残ったり、人工肛門をつけなければいけない状態になることがあります。
そうなると自分で排泄をコントロールすることが難しくなり、就労も難しい状態になってしまいます。

後遺障害等級第5級4号/5号

片方の手を、肘関節から手首の間で切断した場合、または手首で橈骨・尺骨と手根骨を離断した場合、5級4号が認定されます。

また、片方の足を、膝関節と足首の間で切断した場合、下腿部で切断した場合、または足首で下腿骨と距骨を離断した場合は、5級5号が認定されます。

みらい総合法律事務所の増額事例③【後遺障害等級5級】

51歳の男性が交通事故で下肢切断の傷害を負い、後遺障害等級5級が認定されました。

加害者側の保険会社は、示談金として、4,361万6,487円を提示。
当事務所が受任した結果、最終的に約6,060万円解決しました。

保険会社提示額から、約1,700万円、約1.4倍に増額したことになります。

後遺障害等級第5級6号/7号

一上肢の用を全廃したとは、片方の腕を切断した場合だけでなく、次のような状態をいいます。

①肩・肘・手関節の完全強直
②健側に比して患側の運動可能領域が10%以内に制限され、手指の障害が加わるもの
③肩・肘・手関節の完全麻痺
④先に近い状態で手指の障害が加わるもの

両腕の場合は1級4号、片腕の場合は5級6号となります。

また、一下肢の用を全廃したとは、片方の足を切断した場合だけでなく、次のような状態をいいます。

①股・膝・足関節の完全強直
② 健側に比して患側の運動可能領域が10%以内に制限され、足趾の障害が加わるもの
③股・膝・足関節の完全麻痺、及びこれに近い状態で足趾の障害が加わるもの

両足の場合は1級6号、片足の場合は5級7号となります。

後遺障害等級第5級8号

両足の指をすべて失った場合、5級8号に認定されます。

親指は第一関節より先、それ以外の指は第二関節より先を失った状態です。
また、指だけでなく、4級7号の基準にあるリスフラン関節(足の甲の中間あたりにある関節)より先を失った場合にも適用されます。

片足の場合では、8級10号が認定されます。

後遺障害等級5級 まとめ

判断の難しい高次脳機能障害では、医師の判断の違いで等級が変わってきます。
たとえば、高次脳機能検査の審査では次の4つのポイントがあります。

①意識障害の有無とその程度
②画像所見として、急性期における脳内出血の有無
③脳室拡大、縮小の有無
④その後の症状の経過

このうち、ご家族の方は④の症状の経過にも注意をしてください。
というのは、高次脳機能障害では、急性期の症状は急速に回復し、その後はゆるやかに回復することから、受傷後1年程度経過観察をした上で症状固定をすることが多いからです。

ただし、幼児や児童の場合には、成人に比べて頭部外傷に対する抵抗力が強く、回復力が高いため、学校などで経過観察し、慎重に判断することが要請されます。
また、高齢者で就労していない場合は、事故の前後の就労能力の判断が困難ですから、日常生活状況の調査が必要となります。

以上、交通事故の後遺障害等級5級について、弁護士が解説しました。

当事務所では「高次脳機能障害と損害賠償実務」(ぎょうせい)などの専門書を出版しているなど、等級の確認作業も含め、豊富な事例をもとに、交通事故の後遺障害等級5級に認定された事案について、無料相談を受け付けています。

今すぐ弁護士にご相談ください。

なお、後遺障害等級5級以外の方でも以下の場合には、無料相談を受け付けていますので、お気軽にご相談ください。