後遺障害等級13級の症状と慰謝料額は?<弁護士が解説>


交通事故の後遺障害等級13級を弁護士が解説します。

交通事故の後遺障害等級13級は、眼や歯、指、内臓などの障害について細かく11に分類されています。

後遺障害等級は1級から14級がありますが、13級の労働能力喪失率は9%と、かなり低く設定されていることからもわかるように、後遺障害の程度としては軽いほうのレベルと判断されます。

この等級の後遺障害は医師の診断からも客観的に判断しやすいものも多いと言えるでしょう。

後遺障害の等級及び限度額

【自賠法別表第2】 後遺障害等級第13級

介護を要する後遺障害 保険金(共済金)額
1.一眼の視力が0.6以下になったもの
2.正面以外を見た場合に複視の症状を残すもの
3.一眼に半盲症、視野狭窄又は視野変状を残すもの
4.両眼のまぶたの一部に欠損を残し又はまつげはげを残すもの
5.5歯以上に対し歯科補綴を加えたもの
6.一手のこ指の用を廃したもの
7.一手のおや指の指骨の一部を失ったもの
8.一下肢を一センチメートル以上短縮したもの
9.一足の第三の足指以下の一又は二の足指を失ったもの
10.一足の第二の足指の用を廃したもの、第二の足指を含み二の足指の用を廃したもの又は第三の足指以下の三の足指の用を廃したもの
11.胸腹部臓器の機能に障害を残すもの
139万円

後遺障害等級第13級1号

交通事故による傷害で、片方の眼の矯正視力が0.6以下になってしまった場合は13級1号が認定されます。

正常な状態でも、少し視力が落ちた人の中には、0・6の視力の人もいると思いますが、ここでは裸眼ではなく矯正視力であることに注意が必要です。

ちなみに、両眼の矯正視力が0.6以下になってしまった場合は9級1号に認定されます。

慰謝料が増額した判例①【後遺障害等級13級】

名古屋地裁 平成19年4月25日判決(自動車保険ジャーナル・第1714・6)

平成12年11月、交差点を自転車で横断していた女性(当時49歳)が、普通乗用車に衝突され、右肩、右膝、右腰臀部、右足関節、左手挫傷などの傷害を負い、外傷性白内障による右眼の視力低下について13級1号、左頬以外の顔面全体におけるしびれの神経症状について14級10号、これらを併合して後遺障害等級併合13級に認定されました。

慰謝料の裁判基準額180万円のところ、220万円に増額。
損害賠償金は合計で1,007万3,362円となりました。

後遺障害等級第13級2号

正面以外を見た時に、複視の症状が残る場合は13級2号に認定されます。

「複視」とは、物が二重に見える状態をいい、頭痛やめまいが起きることなどから日常生活に困難が生じる場合があります。

両眼で見た時に物が二重に見え、片方の眼で見た時はひとつに見える状態を両眼複視、片方の眼で見た時に二重に見えるものを単眼複視といいます。

交通事故の場合、頭部の外傷や眼の周囲の骨折などにより、眼球の動きをコントロールする神経や筋肉に障害が残ることで起きるものです。

なお、正面を見た時に複視の症状が残る場合は10級2号に認定されます。

後遺障害等級第13級3号

視神経への障害のために、片方の眼に「半盲症」、「視野狭窄」、「視野変状」の症状が残ってしまった場合に13級3号が認定されます。

これら3つの症状は視力自体が失われることで起きるものではなく、物の見え方、視野に障害が残る症状です。

半盲症とは視界の一部、たとえば片方の眼の視界全体のうち右半分、あるいは左半分が見えなくなるものです。

視野狭窄とは、視野の一部が見えなくなるのではなく、視野自体が周辺から狭くなってしまう症状です。

また、視野の中に部分的に見えない部分ができ、穴が開いた状態のように見えなくなるものを視野変状といいます。

後遺障害等級第13級4号

まぶたの障害には欠損障害と運動障害がありますが、13級4号では欠損障害が該当します。

両眼のまぶたの一部に欠損を残した場合とは、普通にまぶたを閉じた時に黒目は隠れるものの、角膜が完全に覆われず白目の一部が露出してしまう状態をいいます。

また、まぶたの障害の有無に関わらず、まつ毛の半分以上を失った場合もこの等級に該当します。

後遺障害等級第13級5号

交通事故による傷害で、5本以上の歯を失ったり、著しい損傷を受けたために「歯科補綴(しかほてつ)」をした場合に13級5号が認定されます。

人間の永久歯は、上下それぞれ14本ずつの計28本ありますが、そのうちの約5分の1以上に障害が残った状態ということになります。

歯科補綴とは、差し歯や入れ歯、クラウン、ブリッジ、インプラントなどで欠損した歯の機能や見た目を治療することで、こうした歯科補綴を施した歯に対して等級が認定されることになります。

なお、14本以上の歯を失ったり、著しい損傷を受けたために歯科補綴をした場合は10級4号、10本以上の場合は11級4号、7本以上の場合は12級3号がそれぞれ認定されます。

後遺障害等級第13級6号/7号

片方の手の小指の用を廃した場合は13級6号に認定されます。

この場合は、以下のような症状が該当します。
・小指の第一関節より先の骨(末節骨)を失い、長さが2分の1以下になった場合
・小指の根元、または第二関節の可動域が2分の1以下になった場合
・小指の感覚を失ってしまった場合

また、片方の手の親指の骨の一部を失った場合、あるいは骨がつかずに「遊離骨折」した場合は13級7号に認定されます。

なお、右手か左手か、利き手かどうかによる区別はありません。

慰謝料が増額した判例②【後遺障害等級13級】

札幌地裁 平成13年11月21日判決(自動車保険ジャーナル・第1441・14)

平成11年5月、市電の安全地帯と歩道の間を歩いていた女性(当時67歳)が、横断歩道内に停車していた普通乗用車が後退してきて衝突され、左撓骨遠位端開放骨折、左尺骨茎状突起骨折、左正中神経麻痺、左長母指伸筋腱断裂などの傷害を負い、左手関節の可動域低下、握力低下、巧緻運動困難、しびれなどの症状が残り、後遺障害等級13級6号に認定されました。

弁護士が慰謝料増額を主張し、慰謝料の裁判基準額180万円のところ、300万円に増額。
損害賠償金は合計で1,348万6,138円となりました。

後遺障害等級第13級8号

交通事故による傷害のために片方の足の長さが1cm以上(3cm未満まで)短縮してしまった場合は13級8号に認定されます。

なお、5cm以上短縮してしまった場合は8級5号、3cm以上(5cm未満まで)短縮してしまった場合は10級8号になります。

後遺障害等級第13級9号/10号

片方の足の中指、薬指、小指の3本のうち、1本もしくは2本の指を第一関節から根元の間で失ってしまった場合、13級9号に認定されます。

また、①片方の足の指のうち人差し指の用を廃した場合、②人差し指を含む2本の指の用を廃した場合、③中指と薬指と小指の指の用を廃した場合、13級10号に認定されます。

詳しくまとめると、次のようになります。
①片方の足の人差し指が、根元から第一関節の間で切断した場合や、可動域が2分の1以下になった場合
②片方の足の人差し指に加えて、中指・薬指・小指のうちの1本が、根元から第一関節の間で切断した場合や、可動域が2分の1以下になった場合
③片方の足の中指・薬指・小指の3本が、根元から第一関節の間で切断した場合や、可動域が2分の1以下になった場合

慰謝料が増額した判例③【後遺障害等級13級】

大阪地裁 平成18年1月12日判決(自動車保険ジャーナル・第1669・2)

平成14年10月、自動二輪車で直進していた男性(当時25歳)がタクシーに衝突され、左第2指指尖部切断、左第2指中節骨・末節骨骨折、左足舟状骨骨折、左第2中足骨骨折などの傷害を負い、左手第2指の欠損障害及び機能障害、左足部の局部の神経症状などの症状が残り、後遺障害等級併合13級相当に認定されました。

弁護士が慰謝料増額を主張し、慰謝料の裁判基準額180万円のところ、200万円に増額。
損害賠償金は合計で1,131万9,009円となりました。

後遺障害等級第13級11号

胸腹部臓器の機能に障害が残った場合は13級11号に認定されます。

具体的には以下のような症状が該当します。
・胃の全部、あるいは一部を切除した場合
・胆のうを失った場合
・脾臓を失った場合
・腎臓を失うか、腎臓の機能を著しく失った場合
・生殖器のうち、片方の睾丸、卵巣を失った場合

後遺障害等級13級 まとめ

ところで、交通事故で後遺障害が残った場合の慰謝料については、「入通院慰謝料」と「後遺症慰謝料」の2つがあります。後遺障害等級13級の場合の後遺症慰謝料は、180万円です。

もし、すでに保険会社から示談金の提示がある時は、その内訳の中で、この「後遺症慰謝料」の部分を見てください。その金額が、180万円より低いようであれば、それは、適正な金額ではない、ということになります。

すぐに弁護士に相談することが必要です。

当事務所では等級の確認作業も含め、豊富な交通事故の事例をもとに、後遺障害等級13級に認定された事案について、無料相談を受け付けています。

今すぐご相談ください。

なお、後遺障害等級13級以外の方でも以下の場合には、無料相談を受け付けていますので、
お気軽にご相談ください。