後遺障害等級10級の内容と慰謝料額は?<弁護士が解説>


交通事故の後遺障害等級10級を弁護士が解説します。

交通事故の後遺障害等級10級は、手足の関節や指への傷害による機能障害、眼や耳、歯などの障害によって11に分類され、労働能力喪失率は27%になっています。

後遺障害等級10級は、次のようになっています。

後遺障害の等級及び限度額

【自賠法別表第2】 後遺障害等級第10級

介護を要する後遺障害 保険金(共済金)額
1.一眼の視力が0.1以下になったもの
2.正面を見た場合に複視の症状を残すもの
3.咀嚼又は言語の機能に障害を残すもの
4.14歯以上に対し歯科補綴を加えたもの
5.両耳の聴力が1メートル以上の距離では普通の話声を解することが困難である程度になったもの
6.一耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度になったもの
7.一手のおや指又はおや指以外の二の手指の用を廃したもの
8.一下肢を3センチメートル以上短縮したもの
9.一足の第一の足指又は他の四の足指を失ったもの
10.一上肢の三大関節中の一関節の機能に著しい障害を残すもの
11.一下肢の三大関節中の一関節の機能に著しい障害を残すもの
461万円

後遺障害等級第10級1号

交通事故による傷害で、片方の眼の矯正視力が0.1以下になってしまった場合は10級1号に認定されます。

正常な状態でも、少し視力が落ちた人の中には、0・1の視力の人もいますが、ここでは裸眼ではなく矯正視力であることと、交通事故が原因であることに注意が必要です。

後遺障害等級第10級2号

正面を見た時に、物が二重に見える状態を「複視」といい、頭痛やめまいが起きることなどからも日常生活に困難が生じる場合、10級2号に認定されます。

両眼で見た時に物が二重に見え、片方の眼で見た時はひとつに見える状態を両眼複視、片方の眼で見た時に二重に見えるものを単眼複視といいます。

交通事故の場合、頭部の外傷や眼の周囲の骨折などにより、眼球の動きをコントロールする神経や筋肉に障害が残ることで起きるものです。

後遺障害等級第10級3号

咀嚼機能か言語機能のどちらかに障害が残った場合、10級3号に認定されます。

咀嚼(そしゃく)とは、食べ物をよく噛んで飲み込むことです。
交通事故による傷害のため、ごはんや煮魚などは食べられるが、たくあんやピーナッツといった歯ごたえのある食材などは食べられない状態が該当します。

言語機能については、4つの子音のうち1つが発音できなくなった状態が該当します。

4つの子音とは、具体的には次の通りです。
①口唇音/ま行音・ぱ行音・ば行音・わ行音、ふ
②歯舌音/な行音・た行音・ら行音・ざ行音・しゅ・じゅ・し
③口蓋音/か行音・が行音・や行音・ひ・にゅ・ぎゅ・ん
④咽頭音/は行音

ちなみに、咀嚼機能と言語機能の両方に上記の障害が残った場合は、9級6号が認定されます。

咀嚼機能と言語機能への障害の中では、10級3号は全等級の中でもっとも軽い障害と判断されます。

後遺障害等級第10級4号

交通事故による傷害で、14本以上の歯を失ったり、著しい損傷を受けたために「歯科補綴(しかほてつ)」をした場合に10級4号が認定されます。

人間の永久歯は、上下それぞれ14本ずつの計28本ありますが、半分以上に障害が残った状態ということになります。

歯科補綴とは、差し歯や入れ歯、クラウン、ブリッジ、インプラントなどで欠損した歯の機能や見た目を治療することで、こうした歯科補綴を施した歯に対して等級が認定されることになります。

後遺障害等級第10級5号/6号

耳の聴力機能の障害に関わるのが10級5号と6号です。

認定の際には、単純な音が聴き取れるか(純音)、言葉を言葉として聴き取れるか(明瞭度)の2種類の検査を行います。

10級5号は、両耳の聴力が1m以上離れた距離では普通に話し声を聴き取るのが困難な状態とされます。
具体的には、純音聴力レベルが50dB以上、または40dB以上で、明瞭度が最高で70%以下となっています。

10級6号は、片方の耳が触れるほど近くに接した状態でなければ大声が聴き取れない状態とされます。
具体的には、純音聴力レベルが片方の耳で80dB~90dB未満となっています。

みらい総合法律事務所の増額事例①【後遺障害等級10級】

63歳の男性が交通事故で脳部外傷などを負い、難聴の後遺症が残ったために、後遺障害等級10級5号が認定されました。

加害者側の保険会社は、被害者に対し示談金として、618万3,460円を提示。
当事務所の弁護士が受任した結果、最終的に約1,100万円で解決しました。

保険会社提示額から、約1.8倍に増額したことになります。

後遺障害等級第10級7号

片手の親指の機能、または親指以外の2本の指の機能を失った場合は10級7号に認定されます。

手の指の「用を廃する」とは、次のような状態などをいいます。
・第一関節が、その長さの2分の1以上を失った場合
・指の根元か第二関節(親指は第一関節)の可動域が2分の1以下になった場合
・親指を立てる、手のひらにつけるという動作をする時、いずれかの可動域が2分の1以下になった場合
・神経麻痺のため指の感覚がなくなったり、触覚、温度感覚、痛覚がなくなった場合

このような状態がひとつでもあれば、10級7号に該当します。

みらい総合法律事務所の増額事例②【後遺障害等級10級】

31歳の男性が交通事故で手の親指骨折などの傷害を負い、親指の用を廃した後遺症が残ってしまいました。
後遺障害等級を申請したところ、後遺障害等級10級7号が認定されました。

加害者側の保険会社は、被害者に対し示談金として、585万3,135円を提示。
当事務所の弁護士は増額が可能と判断し受任。
その結果、最終的に約1,400万円で解決しました。

保険会社提示額から、約2.3倍に増額したことになります。

後遺障害等級第10級8号

交通事故による傷害のために片方の足の長さが3cm以上、5cm未満まで短縮してしまった場合は10級8号に認定されます。

ちなみに、5cm以上短縮してしまった場合は8級5号となります。

後遺障害等級第10級9号

片方の足の親指を失った場合、または親指以外の4本の指を失った場合、第10級9号に認定されます。

こちらの基準には、右足か左足かという区別はありません。

みらい総合法律事務所の増額事例③【後遺障害等級10級】

66歳の女性が交通事故で左足指の骨折などの傷害を負い、左足指の用を廃した後遺症が残ってしまいました。
後遺障害等級を申請したところ、後遺障害等級10級が認定されました。

加害者側の保険会社は、被害者に対し示談金として、748万1,157円を提示。
当事務所の弁護士は増額が可能と判断し受任。
その結果、最終的に約1,552万4,473円で解決しました。

保険会社提示額から、約2倍に増額したことになります。

後遺障害等級第10級10号/11号

片方の腕の三大関節のうち、1つの関節に著しい障害が残った場合、10級10号に認定されます。

上肢(腕)の三大関節とは、「肩」・「肘」・「手首」です。
骨折などにより、このうちの1つの関節機能に障害が残り、可動域が健康な時の2分の1以下になってしまった状態が10級10号に該当します。

また、片方の足の三大関節のうち、1つの関節に著しい障害が残った場合、10級11号に認定されます。

下肢(足)の三大関節とは、「股関節」・「膝」・「足首」です。
骨折などにより、このうちの1つの関節機能に障害が残り、可動域が健康な時の2分の1以下になってしまった状態が10級11号に該当します。

みらい総合法律事務所の増額事例④【後遺障害等級10級】

56歳の男性が交通事故で骨折などの傷害を負い、左肩関節機能障害の後遺症が残ってしまいました。
後遺障害等級を申請したところ、後遺障害等級12級6号が認定されました。

当事務所が被害者から相談を受け、後遺障害等級が誤っていると判断し、異議申し立てをしました。
その結果、後遺障害等級10級10号が認定されました。

加害者側の保険会社は、被害者に対し示談金として、248万9,233円を提示しましたが、当事務所の弁護士は増額が可能と判断し受任。
その結果、最終的に約1,211万円で解決しました。

保険会社提示額から、約4.8倍に増額したことになります。

みらい総合法律事務所の増額事例⑤【後遺障害等級10級】

46歳の男性が交通事故で右足に傷害を負い、右足関節機能障害のために後遺障害等級10級11号が認定されました。

加害者側の保険会社は、被害者に対し示談金として、1,169万1,292円を提示。
当事務所の弁護士が受任した結果、最終的に約3,100万円で解決しました。

保険会社提示額から、約2.7倍に増額したことになります。

後遺障害等級10級 まとめ

さて、交通事故で後遺障害が残った場合には、自賠責後遺障害等級の認定を受けます。

後遺障害等級の申請方法としては、「被害者請求」と「一括事前認定」があります。

被害者請求とは、被害者ご自身が自賠責保険会社に対し、後遺障害等級認定を行う方法です。
被害者の方のメリットは、示談を行う前にまとまったお金を受け取れるということです。

一括事前認定とは、任意保険会社を通して後遺障害等級認定を行う方法です。
被害者の方のメリットは、負担が少ないということです。
任意保険会社が必要な書類を収集し、足りない書類を用意してくれます。

いずれにしても、自賠責保険会社か任意保険会社から等級認定の結果が送られてきますが、認定された等級などに不満、疑問がある場合は弁護士に相談することをお薦めします。

なぜなら、「異議申し立て」をすることで等級が上がるケースもあるからです。

後遺障害が残った場合の慰謝料については、「入通院慰謝料」と「後遺症慰謝料」の2つがあります。
後遺障害等級10級の場合の後遺症慰謝料は、550万円です。
もし、すでに保険会社から示談金の提示がある時は、その内訳の中で、この「後遺症慰謝料」の部分を見てください。
その金額が、550万円より低いようであれば、それは、適正な金額ではない、ということになります。
すぐに弁護士に相談することが必要です。

当事務所では等級の確認作業も含め、豊富な交通事故の事例をもとに、後遺障害等級10級に認定された事案について、無料相談を受け付けています。

今すぐご相談ください。

なお、後遺障害等級10級以外の方でも以下の場合には、無料相談を受け付けていますので、
お気軽にご相談ください。