人身事故の無料相談。成功報酬。全国対応。交通事故賠償に詳しい弁護士が解説。
  • 電話で相談
  • メールで相談
みらい総合法律事務所
相談件数 年間1000件以上。無料で電話相談する。24時間受付。 メール相談
交通事故相談SOS | みらい総合法律事務所

交通事故に強い弁護士ランキング・口コミの落とし穴と弁護士の選び方

最終更新日 2024年 04月10日
監修者:弁護士法人みらい総合法律事務所 代表社員 弁護士 谷原誠 監修者:弁護士法人みらい総合法律事務所
代表社員 弁護士 谷原誠

解説!交通事故に強い弁護士の選び方

交通事故に強い弁護士の選び方とは、以下の弁護士を選ぶことです。

①日常的に多数の交通事故を扱い、解決実績が豊富である。
②判例の知識が豊富である。
③自賠責後遺障害等級認定システムの知識が豊富である。
④交通事故に関する法律専門書を出版している。

また、テレビの報道番組から取材を受けていることも簡単に弁護士の専門性を判断する指標になります。

弁護士を選ぶ際には、法律事務所の代表弁護士がある程度の経験年数を経ていること、わかりやすく説明してくれること、も大切なポイントとなってきます。

注意点として、交通事故の被害者が弁護士を探す時に、インターネット上の口コミやランキング、おすすめサイトは信用できません。

この記事では、これらの理由について、詳しく解説していくとともに、被害者の皆様が安心して弁護士に相談・依頼できるよう、弁護士の選び方のポイントや、ネット上のランキング・評判や口コミ、おすすめサイトをどのように解釈し、どれを信じるべきかについて深掘りしていきます。

最後まで読んでいただくことで、弁護士選びの知識を得て、交通事故の被害者が弁護士選びを間違えることなく、適正で最高の賠償金を得られたら幸いです。

交通事故に強い弁護士の選び方4選

交通事故に強い弁護士の5つの選び方
交通事故に強い弁護士を選ぶのに、残念ながら口コミサイトやランキンサイトは当てになりません。

本当に交通事故に強く、信頼できる弁護士はどのように選べばいいのでしょうか?

いくつかポイントがあるので説明します。

交通事故の解決実績が豊富か?

弁護士としての実績が豊富か
どのような弁護士が交通事故に強い弁護士か、というと、やはり日常的に多数の交通事故を扱い、解決実績が豊富な弁護士です。

交通事故の知識は多岐にわたります。交通事故の裁判例、医学、自賠責後遺障害等級認定システム、保険などです。

これらは、司法試験には出題されませんので、弁護士は、受任した交通事故の事件を処理しながら文献を読み、判例を読み込み、裁判で戦いながら知識を習得していきます。

その結果、判例の知識も豊富になり、自賠責後遺障害等級認定システムも豊富になっていきます。

本当の頭脳の明晰さなどは外からはわかりませんので、日常的に交通事故を扱っており、解決した実績が豊富な弁護士が、交通事故に関する知識が豊富で交通事故に強い、というわかりやすい指標となるわけです。

弁護士の解決実績の件数を調べるのは難しいのですが、ホームページに解決実績などが記載してあれば、それを参考にしましょう。

判例雑誌を調べることができる人は、そこに掲載されている多数の判例の代理人となっているかどうかを確認することもできますが、多くの被害者の方には難しいかもしれません。

さらに、解決実績の内容も重要です。

解決実績のように見えても、実際には、裁判例の紹介、という場合もありますので、「自分で解決したものかどうか」に注意して見ることが大切です。

みらい総合法律事務所の解決実績はこちら解決実績

交通事故に関する専門書籍を執筆しているか?

(1)交通事故に関する専門書籍を執筆しているか?
法律関係の専門出版社が依頼をするのは、本当に知識と実績のある弁護士です。

なぜなら、出版社は営利企業ですので、売れない本を出したくありません。

法律専門書は、裁判官や弁護士が参考にするので、その分野の専門的知識を持っている弁護士が執筆した書籍しか買ってくれません。

そこで、出版社としては、法律業界で交通事故の専門的知識を持っている弁護士に専門書の執筆を依頼することになります。

ですから、交通事故に強い弁護士の選び方として簡単な方法は、交通事故に関する専門書籍(一般書籍ではありません)を執筆・出版していることは、実力と実績のある、信頼できる弁護士であるということの証明になります。

交通事故で実力で実績がある、というのは、多数の交通事故を扱い、判例の知識・後遺障害等級認定システムの知識などが豊富であることです。

みらい総合法律事務所の専門書執筆実績はこちら執筆実績

弁護士の経験年数があるか?

弁護士として活動するには資格が必要です。

逆に言えば、資格があれば弁護士としての仕事をすることができます。

しかし、どの仕事もそうですが、弁護士の実務もやはり経験がものをいう世界です。

示談交渉や裁判では、「何がポイントになるのか」、「どのあたりで解決するか」という勘所の読みが非常に重要になってくるのですが、これには弁護士試験に合格する頭の良さとは別の次元です。

ですから、交通事故であれば、その世界での経験年数が豊富なことも重要なポイントになります。

実際に事件を担当してくれる弁護士は若い弁護士でもいいのですが、法律事務所の代表弁護士はある程度の経験があった方が安心だと思います。

参考記事:弁護士プロフィール

報道番組からの取材があるか?

報道番組からの取材があるか
テレビのバラエティ番組にいろいろな弁護士が出演する時代ですが、そうした番組ではなく、あくまでもニュースなどの報道番組で「交通事故の専門家」として出演したり、コメントを求められるという実績が大切です。

というのは、テレビ局の制作としては「交通事故の専門家」として番組に出演してもらった弁護士が、じつは交通事故はまったくの素人だった、などということがあってはならないので、弁護士選びは慎重に行なうからです。

キャラクター勝負のバラエティ番組とは違い、報道番組に出演するのは、やはり実績のある弁護士と認められた証となります。

みらい総合法律事務所のマスメディア実績はこちらマスメディア実績

これらのポイントに注意しながら、交通事故解決のために弁護士を活用することも検討してください。

弁護士の口コミサイトやランキング、おすすめサイトの落とし穴

弁護士の口コミサイトやランキングは信用できるのか?

弁護士の口コミ評判やランキング、おすすめの弁護士を掲載しているサイトも存在します。

しかし、弁護士の口コミ評判やランキング、おすすめの弁護士を掲載しているサイトは、交通事故に強い弁護士を選ぶ指標にはなりません。

口コミサイト

口コミサイトは、ユーザーの声が掲載されているサイトです。

まず、自分のホームページに依頼者の声を載せている場合、それが本当に依頼者なのかどうか、判別できません。

自分で書くこともできるからです。

みらい総合法律事務所でも、依頼者の声を載せていますが、そのような不安を払拭するため、手書き文章も掲載するなど、努力をしています。

また、本当の口コミであったとしても、それは、弁護士の対応が良かった、自分と相性が良かった、という意味では参考になりますが、交通事故に強いかどうかの指標にはなりません。

なぜなら、交通事故を弁護士に依頼し、解決してもらった依頼者であっても、その弁護士が交通事故に強いかどうかについては知識がなく、判断ができないためです。

但し、依頼者は交通事故に弱い弁護士を見抜くことはできます。

それは、相談時や依頼中のやり取りの中で、弁護士が明確な回答や説明ができないことや、全く見通しと異なる結果が出るようなことでわかります。

以上の限度で参考にするのがよろしいかと思います。

弁護士ランキングサイト

交通事故に強い弁護士ランキングサイトがあったならば、これは信用できません。

なぜなら、ランキングをつけることはできないからです。

まず、誰がランキングをつけたのかを明示しないサイトは、サイト運営者がランキングをつけた、ということになります。

そのようなサイト運営者は、通常の場合、民間事業者です。

民間事業者が交通事故に強い弁護士の優劣を判断することはできません。

次に、弁護士に依頼した経験のある人の投票によりランキングをつける場合、これも先程の口コミサイトと同様、弁護士の対応が良かった、自分と相性が良かった、という意味では参考になりますが、交通事故に強いかどうかの指標にはなりません。

次に、弁護士など専門家によるランキングですが、これは見たことがありませんが、あれば指標にはなると思います。

しかし、被害者側の弁護士を評価するには、多数の被害者側の弁護士と戦っている保険会社の代理人でないと、なかなか評価はできないようにも思います。

また、民間事業者が運営するランキングサイトは、民間事業者が営利目的で運営しています。

このようなサイトは多くの場合に掲載者から広告費を徴収して掲載していることに注意が必要です。

おすすめサイト

おすすめサイトもランキングサイトと同様のことがいえます。

民間事業者が運営するランキングサイトは、民間事業者が営利目的で運営しており、多くの場合に掲載者から広告費を徴収して掲載していることに注意が必要です。

実際、みらい総合法律事務所にも、「サイトに掲載しませんか?」という勧誘が多数寄せられています。

ちなみに、みらい総合法律事務所は、長年多数の交通事故を扱っており、交通事故の専門書も複数出版し、テレビの報道番組からも取材を受けますが、ランキングサイトにもおすすめサイトにも掲載されていません。

以上のことに注意して、口コミサイト、ランキングサイト、おすすめサイトをご利用いただければと思います。

無料相談フォームはこちら

24時間365日受付


示談交渉は被害者だけでは難しい

示談交渉は被害者だけでは難しい
交通事故の被害者の中には、ご自身で後遺障害等級認定の申請や示談交渉を行ないたいという方もいらっしゃいます。

しかし、交通事故の示談交渉は、かなりの専門知識がないと、損をしてしまう可能性があります。

  • 自分の症状がどの後遺障害等級に該当するか知っていますか?
  • 正しい後遺障害等級を獲得するために、どのような検査や資料が必要か知っていますか?
  • 認定された後遺障害等級が正しいかどうかを見極めるポイントを知っていますか?
  • 後遺障害等級が間違っていた場合の異議申立で主張が通りやすいやり方を知っていますか?

おそらく知らないことだらけではないか、と思います。

でも、それは無理もありません。

多くの被害者の方は、交通事故にあうのは初めてなのですから、知らなくて当然です。

 

交通事故の示談交渉とは?

交通事故の示談交渉とは?
被害者の方が受け取ることができる損害賠償金には、どのような項目があるか、慰謝料との違いは何か、わかっていますか?

示談交渉は、どのように進めていけばいいのでしょうか? 

そもそも、加害者側の任意保険会社が提示してくる金額は、本来であれば被害者の方が受け取ることができる金額より低いことが多い、という事実を知っていますか?

保険会社は、多くの場合に適正金額を提示してはくれないのです。

なぜなら、保険会社は利益を最大化することを求められており、そのために被害者に対して支払う示談金を低く抑えたいのです。

参考記事:交通事故で保険会社が低い慰謝料を提示してくる理由

慰謝料には3つの基準がある

慰謝料には3つの基準がある
慰謝料や逸失利益などの損害賠償金額を算出する際には、3つの基準が存在します。

  1. 自賠責基準
  2. 任意保険基準
  3. 弁護士(裁判)基準

 

しかし、この基準は通常、被害者の方は知らないことだと思います。

この3つの基準では、「弁護士(裁判)基準 > 任意保険基準 > 自賠責基準」の順に金額が低くなります。

つまり、弁護士(裁判)基準がもっとも金額が高くなるわけですが、これは弁護士でないと算出することが難しいものです。

 

交通事故を解決するには裁判の必要もある


加害者側の保険会社の提示金額に納得がいかず、示談交渉が決裂した場合は裁判にまで発展することもありますが、この場合は被害者の方が1人で加害者側と闘うのは非常に困難になります。

詳細記事:【交通事故の示談交渉】決裂した後の和解・調停・裁判の手続きを解説

これらのサイトをしっかり読んでいただけば、後遺障害等級認定や損害賠償請求、示談交渉、裁判などは被害者の方が単独で行なうのは難しい、ということがおわかりいただけると思います。

弁護士なら誰でもいいわけではない!

弁護士なら誰でもいいわけではない!

では、交通事故の被害者の方が、

  • ・示談金(損害賠償金)の増額を勝ち取り
  • ・適切な金額を手にすることができ
  • ・煩わしい示談交渉から解放され
  • ・加害者に罪を償わせる

 
ためには、どうすればいいのでしょうか?

その時、頼りになるのが弁護士という存在です。

ただし、被害者の方が注意しなければいけない最大のポイントがあります。

それは、弁護士であれば誰でもいいわけではないということです。

弁護士といっても、それぞれに専門分野や得意分野があるものです。

たとえば、日常的に独占禁止法を扱っており、交通事故を全く扱っていない弁護士の場合、交通事故に関する知識がありません。

また、後遺障害等級認定システムや損害保険の知識、医学的知見もないことが想定されます。

交通事故も法律の専門分野なので、日常的に交通事故を扱っている弁護士に相談した方が漏れがなくなる、ということになります。

無料相談フォームはこちら

24時間365日受付


まとめ

交通事故に関するトラブルや賠償交渉において、専門的な知識と経験を持つ弁護士のサポートは非常に価値があります。特に、以下の特徴を持つ弁護士は交通事故に強いと言えます。

①多数の交通事故を扱い、解決実績が豊富である。
②判例の知識が豊富である。
③自賠責後遺障害等級認定システムの知識が豊富である。
④交通事故に関する法律専門書を出版している。

また、インターネット上の口コミやランキングサイト、おすすめサイトの情報は必ずしも正確ではないため、被害者は注意が必要です。

実際の弁護士の実績や専門知識、そして信頼性をしっかりと確認することが大切です。

最後に、交通事故に遭われた方は、適切な弁護士のサポートを受けることで、公平で適正な賠償を受け取るための最善の策を選べるようになります。弁護士との相談は、早めに行うことをおすすめします。

一度、みらい総合法律事務所にご相談ください。

【7分で解説!】本記事の内容を動画で解説しています。

電話で相談する メールで相談する