無料相談|全国対応|死亡事故と後遺障害に強い弁護士が慰謝料を増額。
  • 電話で相談
  • メールで相談
みらい総合法律事務所
相談件数 年間1000件以上。無料で電話相談する。24時間受付。 メール相談
交通事故相談SOS | みらい総合法律事務所

後遺障害・死亡事故に注力。あなたが損をしないために。「増額しなければ報酬0円」「相談料・着手金0円」「示談金2~128倍増額実績多数」

後遺障害・死亡事故に注力。あなたが損をしないために。「増額しなければ報酬0円」「相談料・着手金0円」「示談金2~128倍増額実績多数」

無料相談フォームはこちら

24時間365日受付

みらい総合法律事務所の解決事例

事例1
死亡事故で3,000万円増額した事例

セカンドオピニオンとして、みらい総合法律事務所の弁護士にご遺族が相談したところ「増額可能」と意見があったので、示談交渉を依頼。

事案 死亡事故
保険会社提示額 58,935,303円
解決額 88,356,954円

ご相談の経緯と
みらい総合法律事務所の対応

17歳の女性が、自転車に乗っていたところ、飲酒脇見運転の自転車に追突された交通死亡事故です。

ご遺族は、地元の弁護士に依頼して弁護士が保険会社示談したところ、示談金は5893万5303円となりました。

弁護士は、「裁判をやると下がる可能性があるから、これで示談したらどうか」と提案しましたが、ご遺族がセカンドオピニオンとして、みらい総合法律事務所に相談しました。

弁護士からは、「増額可能」との意見があったので依頼し、裁判を起こしました。

最終的には、相場より慰謝料が増額し、相場金額2000万円~2500万円のところ、2800万円が認められ、解決金額は8835万6954円となりました。

前任の弁護士の示談金額から約3000万円増額したことになります。

事例2
【後遺障害12級7号】40歳男性で約13倍に増額!

被害者が弁護士に依頼し、示談金として140万0919円が提示されたが、弁護士の動きが悪く、債務不存在確認訴訟を提起されたため、みらい総合法律事務所に弁護士を変更。

事案 右膝靭帯損傷等
保険会社提示額 140万0919円
解決額 1885万5789円

ご相談の経緯と
みらい総合法律事務所の対応

40歳男性が、バイクで交差点に進入したところ、右折自動車に衝突された交通事故です。

怪我は、右膝靭帯損傷等で、自賠責後遺障害等級12級7号が認定されました。

被害者は、弁護士に依頼し、示談金として140万0919円が提示されましたが、弁護士の動きが悪く、債務不存在確認訴訟を提起されてしまいました。

そこで被害者が、みらい総合法律事務所に弁護士を変更しました。

弁護士は反訴を起こし、最終的に、1885万5789円で解決しました。保険会社の当初提示額の約13倍に増額したことになります。

ご依頼いただいてよかったと思います。

脳 目 耳 口 鼻 首・腰 脊髄・体幹 鎖骨・骨盤骨 胸腹部臓器 上肢・手指 下肢・足指 死亡事故 脊髄損傷 高次機能障害 後遺症 詳しくはこちら

首・腰 脊髄・体幹 鎖骨・骨盤骨 胸腹部臓器 上肢・手指 下肢・足指 詳しくはこちら

無料相談フォームはこちら

24時間365日受付

被害者に損をさせないための
つの施策
無料相談実施中!

①増額しなければ報酬0円
保険会社から金額が提示されている場合は、その金額より増額しないときは、弁護士報酬はいただきません!
②相談料0円
交通事故被害者からの事故相談は何度でも0円です。
③着手金0円
初期費用0円で仕事に着手します。但し、弁護士費用特約がある場合は、保険の範囲内でいただく場合がありますが、
被害者の負担は0円!

弁護士に依頼すると、
慰謝料を増額できる理由

交通事故の慰謝料の金額について話し合う時、保険会社から被害者に提示される額は、本来もらえる額より少ない傾向にあります。

交通事故被害者は「少しでも慰謝料を増やしたい」、営利企業である保険会社は「少しでも支払い額を減らしたい」というように利害が対立しているため、被害者が交渉しても慰謝料の増額は困難な場合が多いです。

しかしながら、被害者の代わりに交通事故の知識に長けた弁護士が示談交渉したケースでは、慰謝料の増額に成功した例が多数あります。

以下は、みらい総合法律事務所で実際に慰謝料が大きく増額した事例の表です。

保険会社から提示された慰謝料に疑問や不満がある場合は、今すぐご相談ください。

無料相談フォームはこちら

交通事故でみらい総合法律事務所が選ばれる7つの理由

交通事故でみらい総合法律事務所が選ばれる7つの理由
  • 事故に関する相談は、年間1,000件以上
  • テレビ・マスメディアからの取材多数の実績
  • 交通事故の専門書を複数執筆する知識の深さ
  • 弁護士25年以上の経験とノウハウ
  • 弁護士20人以上の総合力
  • 全国対応(事務所は東京)
  • 後遺障害と死亡事故に注力した専門性

専門書を複数執筆しています


無料相談フォームはこちら

  • 事故に関する相談は、年間1,000件以上
  • テレビ・マスメディアからの取材多数の実績
  • 交通事故の専門書を複数執筆する知識の深さ
  • 弁護士25年以上の経験とノウハウ
  • 弁護士20人以上の総合力
  • 全国対応(事務所は東京)
  • 後遺障害と死亡事故に注力した専門性
専門書を複数執筆しています


被害者参加のサポートもいたします

加害者の刑事事件に被害者のご遺族が参加できる「被害者参加制度」があります。
加害者の刑事事件に参加して意見などを述べる手続きです。

私達に示談交渉をご依頼いただいた場合には、被害者参加のサポートもさせていただきます。

お客様の声

感謝の声
感謝の声

弁護士紹介

代表パートナー 谷原誠
谷原誠

みらい総合法律事務所の代表パートナー弁護士の谷原誠です。

このWEBサイトにご訪問いただき、誠にありがとうございます。

私は、平成6年に弁護士登録をし、様々な分野の仕事を始めましたが、そのうちの一つが交通事故でした。

被害者の代理人として、保険会社からの提示金額を検討したのですが、その金額があまりにも低いことに愕然としました。

しかし、被害者ご本人は、適正金額がいくらであるか、わかりません。

弁護士に辿り着かなかったら、わからないがゆえに、示談してしまった可能性もあります。

そして、多数の被害者が、とても低い金額で示談してしまっているのではないか、と思いました。

その後多数の相談を受けていると、保険会社の担当者が、提示金額が低い金額であるにもかかわらず、
「これが限界です。裁判をやってもこれ以上にはなりませんよ」

などと被害者に対して発言しているのを何度も聞きました。

私は、このような状況を許せないと思い、交通事故の被害者救済を重点業務として決めました。

それから15年以上、交通事故の被害者救済に取り組んできました。

それでもいまだに、保険会社からの提示額は、適正金額より低いことが多いです。

弁護士

もし、あなたが被害者であるならば、当事務所の解決実績を見ていただければと思います。

何倍にも増額している現実を見て驚くでしょう

当事務所は、後遺障害と死亡事故に注力して、被害者に適正な賠償金を得ていただくべく、毎日、奮闘しております。

毎年1000件以上のご相談を受け、多数の交渉、裁判を行っています。

交通事故に関する専門書も複数執筆しており、テレビのニュース番組等からも、交通事故の専門家として取材を受けています。

もし、あなたが相談対象案件に該当する場合には、ぜひご相談いただければと思います。

交通事故弁護士チームプロフィールはこちら

みらい総合法律事務所の無料相談

保険会社は、必ずしも適正金額を示談金として提示してくるわけではありません。
あなたが低い示談金で損をしないために、示談の前には必ず弁護士の無料相談をご利用ください。

無料相談対象は、被害者側の死亡事故怪我をした事案です

以下のご相談は受け付けておりません。

①物損のみのご相談
②加害者からのご相談

交通事故の手続をわかりやすく説明した20,000人の被害者がダウンロードした特別無料レポートもあります。
ぜひご利用いただき、適正な慰謝料と賠償額を勝ち取ってください。

無料相談フォームはこちら