後遺障害と死亡事故に特化。交通事故賠償に詳しい弁護士が解説。
弁護士による交通事故SOS
交通事故に詳しい弁護士が慰謝料を増額
  • 増額しなければ報酬
  • 相談料・着手金
  • 示談金2~128倍増額実績多数
  • 年間相談件数1000件以上
動画によるご案内
交通事故に強い弁護士に無料相談!後遺障害と死亡事故で慰謝料を増額します!

交通事故の弁護士無料相談に関する動画ガイダンス

選ばれる7つの理由
  • 保険会社から金額が提示されている場合は、その金額より増額しないときは、弁護士報酬はいただきません!
  • 交通事故被害者からの事故相談は何度でも0円です。
  • 初期費用0円で仕事に着手します。但し、弁護士費用特約がある場合は、保険の範囲内でいただく場合がありますが、被害者の負担は0円!
症状別・部位別解決実績
無料相談フォームはこちら
※申し訳ございませんが、現在、後遺障害等級非該当はお受けしておりません。 交通事故の手続をわかりやすく説明した20,000人の被害者がダウンロードした特別無料レポートもあります。ぜひご利用いただき、適正な慰謝料と賠償額を勝ち取ってください。
  • 知らないと損する必須知識
  • やるべき7つの鉄則・やってはいけない2つのポイント

マスメディア出演実績(一部)

テレビ
日本テレビ
  • 「ZIP!」
  • 「おもいっきりDON!」
  • 「News リアルタイム」
フジテレビ
  • 「めざましテレビ」
  • 「直撃LIVE グッディ!」
  • 「ノンストップ!」
  • 「新報道2001」
  • 「とくダネ!」
  • 「Mr.サンデー」
テレビ朝日
  • 「報道ステーション」
  • 「モーニングショー」
  • 「モーニングバード」
  • 「スーパーJチャンネル」
  • 「ワイド!スクランブル」
  • 「グッド!モーニング」
TBSテレビ
  • 「ひるおび!」
  • 「あさチャン!」
  • 「ビビット」
  • 「噂の東京マガジン」
  • 「Nスタ」
  • 「朝ズバッ!」
新聞
  • 「日本経済新聞」
  • 「日経産業新聞」
  • 「読売新聞」
  • 「朝日新聞」
  • 「産経新聞」
  • 「毎日新聞」
  • 「東京新聞」
  • 「保険毎日新聞」
雑誌
  • 「プレジデント」
  • 「プレジデントFamily」
  • 「週刊東洋経済」
  • 「AERA」
  • 「法律のひろば」
  • 「週刊朝日」
  • 「週刊現代」
  • 「週刊SPA!」
  • 「日経ビジネスアソシエ」
  • 「日経TRENDY」
  • 「日経ヘルスケア」
  • 「サンデー毎日」
  • 知らないと損する必須知識
  • やるべき7つの鉄則・やってはいけない2つのポイント

交通事故被害者のための弁護士無料相談について

※交通事故に関する弁護士へのご相談、ご依頼に限ります。
また、被害者等の任意保険に弁護士費用特約がある場合には、
依頼者に負担がない範囲内で着手金が発生することがあります。

相談~受任・解決までに必要な費用について

通常、必要となる弁護士費用(※1)は
①相談料 ②着手金 ③報酬 ④実費
になります。

みらい総合法律事務所では、被害者の方の負担が少なく済む弁護士報酬基準を定めております。

また、報酬は完全後払い制です。
賠償金獲得後にお支払いいただく形ですので、依頼者の初期費用負担は一切ありません。

※1 旧・日弁連報酬等基準のとき。現在でも多くの法律事務所がこの基準を元に弁護士報酬を定めており、代表的(標準的)な弁護士費用体系の一つです。
「一般的な弁護士費用の相場」と言えます。

みらい総合法律事務所の報酬体系

  • 相談料
    相談料は0円です

    何度ご相談いただいても無料です。安心してご相談ください。

  • 着手金
    着手金は0円です

    ただし、被害者等の任意保険に弁護士費用特約があるときには、
    その範囲内で(依頼者にご負担がない範囲内で)着手金が発生する
    場合があります。
    依頼者からはいただきません。

  • 報酬

    【1】通常の場合
    獲得金額(自賠責含む)の10%(消費税別途)

    訴訟をして、判決までいく際には、通常賠償金額の10%程度の弁護士費用が賠償額に上乗せされますので、弁護士費用を加害者にある程度負担させられる場合があります。「獲得金額」は、「増額した金額」ではなく、実際に獲得した金額となります。

    例)賠償金として1,000万円獲得したケース 1,000万円×10%=100万円+消費税

    【2】上記の基準では受任できない場合
    予想獲得金額が低いと費用倒れになる場合があり、依頼者の利益に ならないため受任できない場合があります。 しかし、事案により、異なる報酬体系を取った上で受任できる場合が ありますので、まずはご相談ください。

    【3】弁護士費用特約がある場合
    保険会社と協議の上、別途報酬を取り決める場合があります。

    報酬は0円です
  • 実費

    示談交渉の場合には出張がある場合を除き、通常かかりません。
    実費は主に訴訟提起の際の印紙代等です。

    (右の表をご参照ください)

    印紙代の資金もないときには、
    自賠責への被害者請求をすれば、ある程度の資金(上限4,000万円)を確保できますので、その後で訴訟提起をすれば、 資金的には大丈夫でしょう。

取り扱い事案
当てはまる方、分からない方は今すぐご相談下さい!
死亡事故すぐ相談
重傷事案
(遷延性意識障害、脳挫傷、硬膜下血腫、くも膜下出血、びまん性軸索損傷、高次脳機能障害、てんかん、四肢麻痺、上半身麻痺、下半身麻痺、脊髄損傷、胸椎圧迫骨折、腰椎圧迫骨折、頸椎圧迫骨折、不全損傷、失明、聴力喪失、腕指足の切断、人工関節置換、人工骨頭置換、動揺関節、睾丸・卵巣喪失、非尿禁制型尿路変向術を行ったもの、尿失禁のため常時パットを装着するもの)すぐ相談
自賠責後遺障害等級 1級~14級が認定された事案すぐ相談
無料相談フォームはこちら
※申し訳ございませんが、現在、後遺障害等級非該当はお受けしておりません。 交通事故の手続をわかりやすく説明した20,000人の被害者がダウンロードした特別無料レポートもあります。ぜひご利用いただき、適正な慰謝料と賠償額を勝ち取ってください。
  • 知らないと損する必須知識
  • やるべき7つの鉄則・やってはいけない2つのポイント
  • 後遺症編
  • 死亡事故編
  • 今すぐご相談ください
  • 電話で相談する(通話無料)
  • メールで相談する

みらい総合法律事務所が選ばれる7つの理由

  • 交通事故被害者からの年間相談件数
    1,000件以上
  • テレビ・新聞・雑誌の
    取材多数の実績
  • 交通事故の専門書多数出版
  • 弁護士歴約20年の経験とノウハウ
  • 相談料0円(何度でも無料)
  • 着手金0円
    (弁護士費用特約ある場合を除く)
  • 増額しなければ弁護士報酬0円
  • 損害賠償自動シュミレーション
  • シュミレーション 後遺症編
  • シュミレーション 死亡事故編

交通事故被害者が知らないと損する知識

  • 知らないと損する必須知識
  • やるべき7つの鉄則・やってはいけない2つのポイント

メディア出演・掲載

テレビ
日本テレビ
  • 「ZIP!」
  • 「おもいっきりDON!」
  • 「News リアルタイム」
フジテレビ
  • 「めざましテレビ」
  • 「直撃LIVE グッディ!」
  • 「ノンストップ!」
  • 「新報道2001」
  • 「とくダネ!」
  • 「Mr.サンデー」
テレビ朝日
  • 「報道ステーション」
  • 「モーニングショー」
  • 「モーニングバード」
  • 「スーパーJチャンネル」
  • 「ワイド!スクランブル」
  • 「グッド!モーニング」
TBSテレビ
  • 「ひるおび!」
  • 「あさチャン!」
  • 「ビビット」
  • 「噂の東京マガジン」
  • 「Nスタ」
  • 「朝ズバッ!」
新聞
  • 「日本経済新聞」
  • 「日経産業新聞」
  • 「読売新聞」
  • 「朝日新聞」
  • 「産経新聞」
  • 「毎日新聞」
  • 「東京新聞」
  • 「保険毎日新聞」
雑誌
  • 「プレジデント」
  • 「プレジデントFamily」
  • 「週刊東洋経済」
  • 「AERA」
  • 「法律のひろば」
  • 「週刊朝日」
  • 「週刊現代」
  • 「週刊SPA!」
  • 「日経ビジネスアソシエ」
  • 「日経TRENDY」
  • 「日経ヘルスケア」
  • 「サンデー毎日」

依頼者様からの感謝の声が続々と…

この依頼者のアンケートページはこちら
お一人で悩まずにみらい総合法律事務所へご相談ください。 無料相談対象について